スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高野山 奥之院

いつも訪問をありがとうございます
高野山の記事の続きです

金剛峯寺を出て、高野山信仰の中心 奥之院に向かいました

奥之院前バス停で、降りたほうが近いのですが、
一の橋から参拝するのが正式なルートとされているので、こちらで下車しました
手水舎に向かうと、子供がじっくり何かを見つめている…
その先にはカタツムリ☆ なんかホンワカ気分になった (^^)
IMG_1140 (1024x683)


一の橋は正式には「大渡橋」や「大橋」と言われ、お大師様がここまで送り迎えされると伝わっています
ここで襟を正して、1礼をしてから橋を渡りましょう!
IMG_1143 (1024x683)


一の橋から御廟まで約2キロメートルの道のりには、
多くの諸大名の墓石の数々が杉木立の中に立ち並んでいます。
IMG_1150 (1024x682)


薄暗く、静かな墓地ですが、不思議とほんわかした雰囲気が漂っている気がします
IMG_1159 (1024x682)


諸大名の墓の前の鳥居は昔の神仏混合の名残で、
明治の神仏分離令の際にも高野山からは鳥居が取り払われなかったそうです
IMG_1171 (1024x676)


鳥居の上にある花壇みたいなもの?? これはいくら調べても、判らなかったです…
IMG_1172 (1024x683)


昼間でも薄暗くて、石灯篭に灯りが灯っています
奥に行けばいくほど、空気が変わっていくような感じです
IMG_1161 (1024x681)


霊験あらたかな子授け地蔵は参拝する人が多く、ロウソクが灯されています
IMG_1180 (1024x682)


ここには汗かき地蔵が祀られていて、汗かき地蔵は人々の苦しみを身代わりになって、
一身に受けているのでいつも汗をかいていると伝えられています
IMG_1182 (1024x683)


汗かき地蔵のお堂の右側にある小さな井戸は「姿見の井戸」と呼ばれ、
この井戸を覗きこんで自分の顔が映らなければ三年以内に死んでしまうと言われているのだとか
さらに、昔の人はこの水で目を洗えばどんな眼病も治ったと言われています。
試しに井戸を覗いてみました… ちゃんと顏が写っている  良かった… ^^;
IMG_1183 (1024x641)


至る所にお地蔵様が置いてあり、どのお地蔵さまも柔らかな表情をしていました
IMG_1192 (1024x682)


御廟橋近くにあるお堂には厄除け大師と厄除け不動尊が祀られています
IMG_1212 (1024x683)


この玉川は奥之院の裏山、霊峰楊柳山より流れる川です
神聖な川とされ、禊の場所になっているそうです
IMG_1206 (1024x672)


玉川を背にして観音菩薩、地蔵菩薩、不動明王が並んでいます
御共所で水向塔婆を求めて、このお地蔵さんに納め、水を手向けてご先祖の冥福を祈ります
IMG_1204 (1024x682)


御廟橋を渡るとお大師様が入廷された大師御廟への霊域に入ります
神聖な場所なので、撮影、飲食、煙草は禁止で、なるべく静かにしなければいけません
IMG_1217 (1024x670)

御廟橋を渡り、階段を上がると灯篭堂があり、
中に入ると様々な人が祈りを込めた灯篭が奉納されていました
その先に大師信仰の中心聖地の大師御廟があります

お大師様(空海)は、835年に入定(にゅうじょう)したと言われています
現在でも奥之院の御廟の中で空海は修行を続けていると信じられている
そして1200年間も奥之院の維那(ゆいな)と呼ばれる僧が、
1日2回の食事をお大師様に給仕しているのです

木々に囲まれた大師御廟の前に行くと、
葉を銜えた小鳥が何匹も飛びまわっていて、何とも言えない光景
それは清らかな幸せに満ち、どんな苦しみもない極楽浄土を見た様な気分でした


ちょっと残念だったのが…
変な団体さんが他に参拝客がいるに関わらず、大師御廟の前で長々とお経を唱えていました
お大師様の前では、誰もが公平とされているので、自分たちのご利益ばかりを追求せずに、
他者への譲り合いの精神を持ってもらいたかったです


今回はお寺(宿坊)に泊まりました
夕食は食べる事も修行と言われる精進料理です
仏教の戒律に基づき殺生や煩悩への刺激を避けることを主眼として調理された料理
お出しが効いていて、割と美味しい☆
IMAG0159 (1024x550)


食後は部屋に戻って、写経体験をしました☆
手に塗香で清めてから、精神統一に阿字観で使われる呼吸方法を行ないます
さてっと、般若心経を書いていきま~す
IMAG0160 (1024x576)

うぉ~1枚書くのに、かなり時間が掛かる
まだ終わらないと雑念ばかり (>_<)

何とか、書き終えて次の朝行で奉納をしました
まだまだ、僕は修行が足りないみたいですね~ ^^;




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

かるがも@しゃん おはよう♪

高野山はやっぱり良いよね^^

>奥之院前バス停で、降りたほうが近いのですが、
>一の橋から参拝するのが正式なルートとされているので、こちらで下車しました

ゆっくり歩いて道中を愉しむのも趣があるよね
お地蔵様 あちこちに外なのでよだれかけと言うのかな(名称は知らない)帽子とか定期的に新しい物に交換するのでしょうね

>この玉川は奥之院の裏山、霊峰楊柳山より流れる川です
>神聖な川とされ、禊の場所になっているそうです

此処覚えています 川の水が涼やかで綺麗なのよね

>変な団体さんが他に参拝客がいるに関わらず、大師御廟の前で長々とお経を唱えていまし


こんな所でお経 これは嫌だわ

宿坊でのお料理 精進料理 頂いて見たかった物の一つです^^

写経体験 これは苦手な物の一つです
かるがもしゃん 丁寧でお上手ですね おかしゃんは字が下手です
ピン子シャン子跳ねまわった字を書きます

はやとうりさまへ

おかしゃん こんばんは!
訪問とコメントをありがとうございます☆

高野山で一番行きたい場所が奥の院でした
薄暗い墓地なのに優しい雰囲気を感じました
お大師様のお膝元では宗派、性別も関係ないと説明がありました
戦国時代に戦った武将たちが、同じ地で眠っているのもうなずけます

お地蔵さんのよだれ掛けで、たぶん合っていると思います
割と綺麗だったので、信者か縁者が定期的に交換しているのでしょうね~

大師御廟は本当に素晴らしく、ホンワカした雰囲気が漂っていました
変な団体客はお経を唱えていたので、邪魔しちゃ悪いなと待っていたのですが、
終わるのに5分くらい待っていて、少しイラつきました (-"-)

精進料理美味しかったょ~ お坊さんにビールを勧められたのはビックリしました

般若心経は紙に薄く書いてあるので、それをなぞるだけなのです
何も無くて書いたら、ミミズが這っているみたいな字ですね~ ^^;


お返事が乱文になってごめんね!
コメントを誠にありがとうございました☆










> かるがも@しゃん おはよう♪
>
> 高野山はやっぱり良いよね^^
>
> >奥之院前バス停で、降りたほうが近いのですが、
> >一の橋から参拝するのが正式なルートとされているので、こちらで下車しました
>
> ゆっくり歩いて道中を愉しむのも趣があるよね
> お地蔵様 あちこちに外なのでよだれかけと言うのかな(名称は知らない)帽子とか定期的に新しい物に交換するのでしょうね
>
> >この玉川は奥之院の裏山、霊峰楊柳山より流れる川です
> >神聖な川とされ、禊の場所になっているそうです
>
> 此処覚えています 川の水が涼やかで綺麗なのよね
>
> >変な団体さんが他に参拝客がいるに関わらず、大師御廟の前で長々とお経を唱えていまし
> た
>
> こんな所でお経 これは嫌だわ
>
> 宿坊でのお料理 精進料理 頂いて見たかった物の一つです^^
>
> 写経体験 これは苦手な物の一つです
> かるがもしゃん 丁寧でお上手ですね おかしゃんは字が下手です
> ピン子シャン子跳ねまわった字を書きます
最新記事
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブックマーク
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。