スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとり旅 「臼杵石仏」

いつも訪問をありがとうございます☆
臼杵の街中を離れて、約7km離れた臼杵市深田にある臼杵石仏を見に行きました
「真名野長者伝説(炭焼き小五郎伝説)」では長者が亡くなった娘の菩提を弔うために磨崖仏を彫らせました
ここの磨崖仏は日本初、彫刻としては九州初の国宝に指定されています。

観覧券集札所では両親と若い娘さんの3人がいたのですが、
娘さんが夏休みに癒しの旅に来てるのに、歩いてばっかりで、なんで疲れなきゃあかん…
おとん、観覧券を私が払ったから、倍返しね!
などなど、ぶつくさ文句言っていて、ついつい笑ってしまいました ^^;
でも、後で家族3人の撮影を僕に頼んできたときは、娘さんは父親と腕組んでいました☆
IMG_1600 (1024x670)


さて、肝心の石仏は最初はホキ石仏第二群の九品の弥陀
しょっぱなから立派な造りに思わず、おぉ~と声をあげてしまいました
IMG_1609 (1024x683)

その横には観音菩薩立像、阿弥陀如来座像、勢至菩薩立像 の三体が有ります
IMG_1621 (1024x683)

少し歩くと、堂が迫石仏の第4龕には地蔵菩薩と十王像です。
石仏に光が差し込むと、悟りの世界が開いたような気分になりました
IMG_1643 (1024x683)

堂が迫石仏の第3龕には阿弥陀如来・大日如来・釈迦如来の三体です。
作風から鎌倉時代に作られたものと言われています
IMG_1639 (1024x683)

堂が迫石仏の第2龕には薬師・阿弥陀・釈迦如来は3体の石仏は素晴らしいです。
左には愛染明王座像がありますが、腐食、破損の為、御姿がなんとか判る状態でした
IMG_1627 (1024x663)

ここまで素晴らしい石仏は日本ではなかなか見れないですね~
IMG_1651 (1024x683)

第1龕の石仏は破損が著しかったそうですが、修復を進めて昔の面影が戻って来たそうです。
IMG_1625 (1024x679)

堂が迫石仏の向かいの山が山王山には山王山石仏があります
中尊は像高約270㎝で、釈迦如来と伝えられています
右が薬師、左が阿弥陀と称されています 表情が穏やかで優しいイメージがありますね!
IMG_1660 (1024x683)

下に下ると臼杵石仏のシンボルの古園石仏があります。
古園石仏の説明には凝灰岩に丸彫りに近く彫りだしたため、甚だしく風化・破損して、
ほとんどの石仏が下半身を剥落していて、大日如来をはじめとして如来はすべて首が落ちていました
IMG_1682 (1024x683)

今では修復がされて、平成6年に仏頭も元の位置にもどりました☆
仏頭が再び体とつながったことで、参拝すると首がつながる、会社でリストラ(解雇)されないという俗説があるそうです。
IMG_1686 (1024x683)

像高3m近い金剛界大日如来を中心にして左右に各六体の如来・菩薩・明王・天部像の計十三体があります
ここは高台にあるので、風が入ってきて、爽やかな気分になれます
しばらく、ここにいたけど、凄く癒されました (^^♪
IMG_1692 (1024x683)

8月の最終土曜には石仏群などの前に置かれたかがり火と参道や深田地区一帯に並べられた約1,000本のたいまつが
一斉に点火され、石仏周辺一帯が幽玄の世界に包まれる臼杵石仏火祭が行われます。
臼杵石仏火祭を見たかったな~ (>_<)


古園石仏から外を眺めると綺麗な田園風景が見えました。
向かいには満月寺にも石仏があり、蓮の畑もあり、見所が沢山あります
IMG_1728 (1024x683)

他にも臼杵には風連鍾乳洞や、緑色と黄色とが交互に節を彩っている金明孟宗竹の竹林がありますが、
宿泊はここから離れた場所なので、ここで臼杵を離れる事にしました

美味しい海鮮物に、優しい地元の人々、歴史ある街並みに、緑がいっぱいの景色☆
臼杵の街で心に残る思い出をいっぱい作る事ができました (^^♪

次は大分ひとり旅の最後の記事になります
最後まで、お付き合いをよろしくお願いいたします
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

かるがもしゃん こんにちは♪

近頃の娘さんは父親に強いね(笑
と言うか父親が娘さんにデレデレなのかなぁ

深田の石仏 私が最後に行ったのは高校生の時だったような記憶が
小・中学校では遠足に行きました

当時は10枚目の写真のように首だけしかありませんでした
我々が臼杵を離れてから産業のない地域なので観光に力を入れたのでしょうね

昔は臼杵鉄工 寿屋(今のサントリー) 専売公社(日本たばこ産業)色々あったのですがね
今はフジジン・フンドーキン等の味噌・醤油で有名です

酒造メーカーもいくつかありましたね これは今でもあるのかな

石仏も観光用に随分修復されたようですね 
子供だったので多分ぼ~~っと見ていたのでしょうね 新しい物を見るような感覚です

深田と言えば昔は田舎でね土産物屋さんもなかったような・・・

火祭りは高校時代にはあったように記憶していて一度行った事があります

何年か前に行った竹宵祭りが幻想的で街中が竹の灯篭で照らされるのです
あれは圧巻でしたね その時に旧稲葉屋敷や二王座の街を歩きました

小手川商店の蔵屋敷等でお酒の試飲をたくさんしました(笑
同級生の何人かと出会いました もしかして美登里ちゃ~~んなんて(笑
その時にお土産に地酒を買いましたね

久しぶりの臼杵の街 懐かしく拝見しましたよ

ありがとう!!

はやとうりさまへ

おかしゃん こんばんは!
いつも訪問とコメントをありがとうございます☆
スーパーのお惣菜半額の時間帯だったので、買いに行ってきたところです ^^;

この娘さん歩いている時は文句ばかり言っていたましたけど、
石仏の場所に辿り着いたら、じっくり眺めていました
娘さんのスマートフォンで僕に家族の撮影を頼まれたのですが、
親子そろって笑顔でいました 
家族旅行に来るくらいだから、口は悪くても心優しい娘さんなんだと思いました (^^)

臼杵の港にはフェリーや造船所がありましたが、確かに産業自体は目立っていなかったですね~
フンドーキン醤油やカニ醤油?を観光案内に載っていましたが、訪れなかったです…
立ち寄ったら欲しくなるし、でも荷物になるし ^^;
蔵元は小手川酒造、藤井酒造、赤嶺酒造場、久家本店があるそうです☆
車の運転だったので、日本酒の誘惑に負けない様に立ち寄らなかったです (>_<)

臼杵石仏の修復にあたってはウィキペヂアによると元の姿に戻すべきという意見と、
臼杵のシンボルともなっている像の姿を変えることを憂慮する意見との間で激しい論争が起きたが、
仏頭の元の位置への修復が国宝指定の条件として文部省(当時)から提示されたそうです

石仏の周辺にはヤマコ臼杵美術館とお土産屋がありました。
臼杵石仏火祭やうすき竹宵の竹ぼんぼりも観光案内で見ましたが、
幽玄な雰囲気で素晴らしいですね~ 僕の見てみたいリストに載せました (^^♪
臼杵は観光に力を入れている事に伺えました

散策していて、おかしゃんも青春時代に、ここで過ごしていたんだなぁ~と思いを馳せてました

とても、思い出に残るいい場所でした
こちらこそ、素敵な故郷を教えて下さり、ありがとうございました (*^^)v

かるがもさん

臼杵石仏
石の芸術品ですね
これほどのものを制作するには どれだけの年数がかかったことでしょう
また 作成された方の魂がこもっていることでしょう
かるがもさんも見ることが出来た時
心癒されたことでしょうね

りらさんへ

りらさん こんばんは!
いつも訪問とコメントをありがとうございます☆
10時過ぎに会社から帰ってきてました…  最近、忙しいです~ (>_<)

りらさんが仰るように臼杵の石仏は本当に芸術品でした
日本で国宝に定められているのは、臼杵の石仏だけなのです

創作は平安時代後期から鎌倉時代と推定されています
どの仏様の表情は気品と優しさを感じっとる事ができました☆

見渡すと綺麗な田園風景、優しく吹き込む風に、存在感溢れる石仏!
大分に来て、いっぱい心癒されました (^^♪

コメントを誠にありがとうございました

臼杵石仏いいですね。

かるがもさんの一人旅もいいですね。

写真と文章を見て読んでいてその雰囲気が伝わってきます。

素敵な場所の紹介をありがとうございました。

Romanさまへ

Romanさま こんばんは!
訪問とコメントを誠にありがとうございます☆

臼杵石仏は元々阿蘇山からの火砕流が溶結した凝灰岩に掘られたので脆いそうです
山岳仏教の衰退と共に放置された磨崖仏は1000年の風雨に曝され続けましたが、
修復が文部省から提示され、今の形になりました☆

大分は石仏・磨崖仏が全国の6割くらいあるので、見所が沢山ありました

少しでも臼杵石仏の雰囲気を感じてもらえて、とても嬉しいです (^^♪
写真も下手で、説明も文章も下手な記事を褒めて下さり、ありがとうございました☆

かるがもさん こんばんは(*^_^*)

私の不在中も いつも訪問して下さって有難うございました。
履歴を拝見するたびに 案じて下さっている思いが伝わってきて
嬉しく有り難く思っておりました。

かるがもさんらしい お人柄に励まされました。
本当に有り難うございました。

石仏の記事も かるがもさんらしいテーマだと思いながら拝見しています。
石仏でありながら 硬いとか冷たいとかではなく 尊く優しい表情の仏様で     ほんわりと心が解きほぐされていくような 静かな落ち着きを覚えます。

私はしばらくは遠出ができなくなりましたが
かるがもさんが いろいろな所に行かれては 良いリポートをして下さるので
これからも楽しみにしています。

FC2に戻ってまいりました フェニックス言の葉(笑) またよろしくお願いします。

かるがもさん

最後のお写真
田園とそれを取り囲む小高い山と木々
清々しいお写真ですね

言の葉ISさまへ

言の葉ISさま こんばんは~ お久しぶりです☆ 
訪問とコメントを頂いた事が、とても嬉しいです (^^♪

神社、寺院巡りが好きなのは、母の影響ですね~
母も僕と同じように、見たいと思ったら一人で色々な所に訪れていました。

それに、人が多いテーマパークや観光地はカップルや家族連れが多くて、
男一人でいると違和感がを感じてしまいますが、神社、寺院なら落ち着いて散策できるのです☆

ここの臼杵石仏はとても柔和な表情で、見ていると優しい気持ちになって行く気がしましたょ~!
大分は緑がいっぱいで、温泉もいっぱい、海鮮物も美味しく、見所も沢山で癒されました☆

拙い旅の記事を楽しみにしているとの言葉がとても嬉しいです
フェニックス言の葉さん☆ こちらこそ、これからもよろしくお願いします (*^^)v
コメントを誠にありがとうございました

りらさんへ

りらさん こんばんは!
いつも訪問とコメントをありがとうございます☆

この写真は古園石仏のある高台から撮影したのですが、
目の前は緑がいっぱいの景色と心地よい風が気持ち良かったです
大分は綺麗な田園風景がいっぱいで、清々しかったですよ~
りらさんにも心地よい風が届きましたか?

コメントを誠にありがとうございました (^^♪
最新記事
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブックマーク
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。