スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浜参宮

いつも訪問をありがとうございます☆

さて、鈴鹿市を出て1時間走り、次に向ったのは伊勢市二見町にある二見興玉神社です☆

古来より二見浦一帯は禊浜と呼ばれ、伊勢参宮を間近に控えた人々がその浜辺で汐水を浴び、
心身を清め、罪穢れを祓うべく、禊祓をされた場所でした
11月から2月の冬季は禊はしていないそうです そりゃ~この季節だと寒いもんね~ (>_<)
IMG_9142 (1024x683)

海沿いの参道を歩くと蛙の置物が待っていました この二見蛙は猿田彦大神の御使いと信じられ、
境内の置物は、無事かえる、貸した物がかえる、若がえる等の御利益をうけられた方々の献納です。
IMG_9144 (1024x681)

手水舎に蛙さんが!
水に入っている2匹の蛙は満願蛙と言われ、水を掛けると願いが叶うと書かれてました 
IMG_9147 (1024x644)


二見興玉神社の主祭神も、みちびきの神の猿田彦大神です
この日はバスツアーの観光客も多くて、参拝するにも気が散りました…
IMG_9148 (1024x656)


社殿の裏にある夫婦岩の拝観所です。
夫婦岩は、沖合660mの海中に沈んでいる興玉神石の鳥居と見なされており、
日の出(天照大御神)の遥拝所として古くから知られています
IMG_9153 (1024x674)

興玉神石は天孫降臨の時に猿田彦大神が降り立った場所と伝えられてます。
周囲約850メートル、高さ約7.5メートルの大きさで
江戸時代に起こった2度の地震により海中に沈んだそうです。
IMG_9156 (1024x683)

夏至には夫婦石の間から日の出がとって有名です☆
地図上で日の出の位置と夫婦石を直線で引くと、東には富士山と皇居、鹿島神宮へと
西には天孫降臨伝説で高千穂峡がある霧島連峰につながります
古代の人達はそれを知っていて、神社などの聖地を作ったのでしょうか?
IMG_9161 (1024x678)


境内には天の岩屋があります
全国に「天の岩戸」「天の岩屋」と称される場所がありますが、ここもそのひとつで、
天照大神が隠れられた処(日の入処)のひとつ、とされています。
IMG_9162 (1024x678)

あいにくの雨風で満足いく撮影と参拝は出来なかったのが残念でした…



後、二見興玉神社近くにある、お土産屋の有料駐車所には止めない方がいいですよ!

駐車場代は¥1000と高いが、店で¥1000分のお土産を買えば¥500割引くとの事で駐車しました
神社には店を通らなきゃいけないけど、4時にはお土産屋を閉めるから、その前には戻ってきて説明されました

実際は海岸沿いに無料駐車所があったし、4時前に戻ったのに店は鍵が掛かっていて、戻れない…
渋々、遠回りして駐車場に戻りましたけど、すごく騙された気分になりました
観光客を相手に阿漕な事しやがって~

記事にしたら、想い出してきて、すごく腹が立ってきた ちきしょう~(--〆)


気分を変えて、次の記事を頑張ります。
もう大体、判ったと思いますが、次の場所は昨年に式年編宮をした伊勢の外宮に参ります(*^^)v
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

かるがもさん

手水舎のお写真
蛙の置物がありますね
満願蛙とのことですが 手水舎では珍しいことですよね
背後にある大きな緑の彫刻のようなものも
蛙のように見えます
その背後にはおみくじが見えます
手水舎の傍におみくじがある神社は 初めて拝見しました
とても興味深かったです

おはようございます♪

夫婦石の近くに蛙さんが居るのね これは知りませんでした
夫婦岩はあちこちの写真でも良く見るのにね 手水舎も興味深いです

バスツアーの団体さんに会うのは仕方がないけど私も嫌です

駐車場ねぇ 悪徳業者どこに行っても居ますね~~
お気持ち良く判ります
京都なんてどこにいっても凄く高いです 何箇所か廻るとそれだけでかなりの費用です
なんだかね~~

りらさんへ

りらさん こんばんは!
いつも訪問とコメントをありがとうございます☆


> 手水舎のお写真
> 蛙の置物がありますね
> 満願蛙とのことですが 手水舎では珍しいことですよね

 二見興玉神社では蛙が神使なので、そこらじゅうに蛙の置物が置いてありました!
 手水舎の水が出ている所も蛙なんですよ~ これは初めてみました (@_@;)
 他の神社の神使で有名なのは鹿島、厳島、春日大社の鹿だったり、熊野三山は烏、八幡様は鳩などなど…
 
 手水舎の横に社務所があって、おみくじの箱も蛙で、蛙の口から取り出します (-_-;)
 記事にしといて気が引けますが、ここには、御神気を感じませんでした
 それでも、こんなに蛙の置物を奉納しているのだから、ご利益あるのでしょうね~

 晴れていたら夫婦岩の向こうに富士山が見えるので、爽快な景色が見えたと思います☆
 いつか、夫婦岩と夏至の日の出の写真を撮影してみたいです (^^♪

 コメントを誠にありがとうございました☆

はやとうりさまへ

はやとうりさま こんばんは!

この日は雨風も強く、波も有れていたので夫婦石の満足いく撮影が出来ませんでした…
僕には社殿も蛙の置物も、神聖なものには見えなかったです

伊勢神宮の式年編宮の影響でしょうか? バスツアーの客が多くて、参りました。
神聖な場所でも大勢の人が来ると、ただの観光地になってしまい、本来の御神気を感じ取る事が難しいです
それに、酔っぱらったおっさん達はうるさいくてたまりません (=_=)

> 駐車場ねぇ 悪徳業者どこに行っても居ますね~~

 いつも旅に出るときは電車なんですが、今回は交通の不便な所を広範囲で移動するので車にしました
 しかし、旅先でここまで酷いと感じたのは、初めてでした…
 聖地で一儲けしようとする人達は何処にでもいるのですね~ とても残念な気分になりました

 その代わりに、次の日はとっても貴重な体験を出来たので、気分一新されました☆

 コメントを誠にありがとうございました (^^♪
 

こんばんは。

二見浦の夫婦岩は有名ですがこんなにカエルが置かれていたんですか?
少しやり過ぎなような・・・

ちっとも似合わない。
猿田彦にカエルの組み合わせもなんだか興味が失せそうです。

観光客が多くてそれも団体さんが多いとそれだけでも敬遠してしまいます。(笑)
やはりここからは富士山や日の出を見たいですね。

Romanさまへ

Romanさま こんばんは!
いつも訪問とコメントをありがとうございます☆

> 二見浦の夫婦岩は有名ですがこんなにカエルが置かれていたんですか?
> 少しやり過ぎなような・・・

 Romanさんも僕と同じことを思いましたね~
 夫婦岩を楽しみにしていたのですが、こんなにも蛙が多いと興醒めしました

 蛙とどういう関係があるのか、調べました
 猿田彦大神は、伊勢の海で漁をしていた際、比良夫貝に足を挟まれて黄泉の国へと一旦は旅立ちましたが、
 この時に猿田彦大神は黄泉の国より舞い戻り、同時に現世において息を吹き返したという伝説があります。  ここから、「黄泉の国より帰る」転じて「甦る(よみがえる)」となり、ここから「黄泉カエル」、
 「蛙」となぞらえられたといわれます。 なんだか語呂合わせみたいですね~
 
> 観光客が多くてそれも団体さんが多いとそれだけでも敬遠してしまいます。(笑)
> やはりここからは富士山や日の出を見たいですね。

 伊勢神宮の式年編宮でお伊勢参りが注目され、最初に二見興玉神社で禊を行うのが慣わしであったので、
 観光ツアーが増えていますね~ 聖地も観光客が多いと、ただの観光地になってしまいます。
 それでも、夫婦岩には、なんか雰囲気を感じました 
 今度行く時は夫婦岩から富士山と日の出を見たいと思いました☆
 
 コメントを誠にありがとうございました (^^)

最新記事
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブックマーク
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。