スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みちびきの神

いつも訪問をありがとうございます☆

昨年末から、職場の人間関係に悩まされていました。
職場のモンスター社員が仕事もそっちのけで自分の権利ばかり主張してました。
苦情を言う部下達も、そいつと関わりたくないため、僕に何とかしてくれと言うだけで
モンスター社員がサボっていても、見て見ぬフリして注意ひとつしません。
僕が注意しても、逆ギレ。 そいつは僕よりも5才年上… お前、人間失格だよ
多忙極まりないのに、人間関係にも悩まされて、心身ともにヘロヘロ状態でした…

そんなこんなで気晴らしに2/8から三重県に2泊3日の旅に出ました。
前日から雪が降り、東名上り方面は通行止めになっていました
下りは何とか通行可能でしたが、道の所々に雪が有って、ちょっと怖かったです

旅の最初の場所は三重県鈴鹿市にある伊勢一宮 椿大神社です☆
猿田彦大神を祀る神社の総本社とされてます
この神様は天孫降臨の際に、邇邇芸命をご案内しようと、道の途中でお待ちしていた神様です。
このことから、猿田彦大神は道の神、道案内の神、旅人の神とされました。
IMG_9140 (1024x683)

二之鳥居前に来ると霧が掛かっていて、空気が一変しました
IMG_9074 (1024x677)

薄暗い参道を歩いていくと椿大神社の拝殿が現れた
IMG_9083 (1024x681)

拝殿前は神聖な凛とした空気が漂っています。
静寂の中で独り佇んでいると、心の中のモヤモヤが消えていくような気がした。
IMG_9087 (1024x683)

御神気が高く感じますが厳格な雰囲気は無く、不思議なくらいに落ち着ける神社です
IMG_9086 (1024x683)

拝殿から少し離れた場所に別宮・椿岸神社があります
ここは猿田彦大神の妻神の芸道の祖神として信仰されてる天之鈿女命が主祭神として祀られてます
天之鈿女命は天照大神が天岩戸に隠れた時に神憑りな踊りで岩戸開きの活躍した神様なのです
IMG_9095 (1024x680)

かなえ滝は椿岸神社の奥には万病に効く薬水の金龍明神滝があり、そこから流れを頂いている滝です。
この滝は開運成就、願いを叶えると云われてます
IMG_9108 (1024x682)

松下幸之助社は「経営の神様」と称えられた松下幸之助の御霊をお祀りしています。
松下幸之助は椿大神社にたびたび参拝され、造営に尽力したそうです
IMG_9112 (1024x680)

松下幸之助が茶道の発展を記念して寄進された茶室「鈴松庵」です☆
一服¥800で抹茶、和菓子と、お土産にその和菓子をのせた銘々皿をいただけます
でも僕はお茶の作法を知らないのでパスしました (ーー;)
IMG_9116 (1024x683)

参道の途中には丸い玉の上に猿田彦神像が建てられています
この後ろに土公神陵があり、土公神・猿田彦大神の御陵になっています。
IMG_9130 (1024x682)

みちびきの神の猿田彦大神と芸能祖神の天之鈿女命を祀る椿大神社
とっても、気分が良くなるいい神社でした☆
IMG_9136 (1024x668)

次の場所は、ここから80km走った場所です☆
見に来てくださいね (^^♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おはようございます♪

>多忙極まりないのに、人間関係にも悩まされて、心身ともにヘロヘロ状態でした…
これは社会生活が長かった私には理解できます^^
本当に大変だとお察し致します

これは又大雪の日の伊勢行きだったのですね 交通事情大変だった事でしょう

霧が掛った神社 神々しいですね
まるで別世界 たまには浮世から離れるのも良いものですね

お茶の作法は知らなくても大丈夫ですよ 不作法ですので伝えれば問題ありません
抹茶を頂くのもホッとしますよ^^

かるがもさん おはようございます。(*^_^*)

ご無沙汰いたしました。
少し冬籠りをしておりましたが元気になりましたのでブログ界?に戻ってまいりました。(*^_^*)
またよろしくお願いしますね!

椿大神社 初めて知りました。
かなえ滝行ってみたいと思いました。
万病に効く&開運成就・・・・なんだかそう聞くだけでも また文字を見るだけでも
そういう場所があるのだと知るだけでも 嬉しい気がします。

次はどんなところに行かれるのか リポートを楽しみにしています(*^_^*)

追記 お茶を飲むと疲れもほぐれホッとします。
一緒に出される茶菓子の甘味も疲れを取ってくれますから 旅の折々に召し上がるといいですよ
作法など 不要です。美味しく頂くことだけがポイント。
「おいしく頂きました。ごちそうさま」で 充分に喜ばれますよ(*^_^*)


なかなか興味深いところですね。
かるがもさんが訪れる場所は皆興味深いものです。
猿田彦とアメノウズメを連れて戻った場所はこのようなところなのでしょうか。

最後から2枚目の丸い玉は地球で、日本地図が描かれていますね。
それも九州から伊勢まで?

紹介ありがとうございました。

はやとうりさまへ

はやとうりさん こんばんは!
いつも訪問とコメントをありがとうございます☆
今日も仕事で、頑張ってきました (^^ゞ

最近の社会は自分さえ良ければいいと言う人が増えた気がします
モンスター部下もそうですが、他にもウジャウジャいて気が滅入ります
特に海外の仕事が増えてから、行きたくない!行かせるなら会社を辞めると駄々を捏ねる奴もいます…
僕が正しいのか? そいつ等が正しいのか? 段々、判らなくなってきました (>_<)


> これは又大雪の日の伊勢行きだったのですね 交通事情大変だった事でしょう

 東名高速は下りは雪がパラパラで済みましたが、上りは通行止めになってました
 所々で雪が積もっていたので、ちょっと怖かったのでゆっくり走りました 
 僕は見た目に寄らずで、安全運転なんですよ~ ^^;
 

> 霧が掛った神社 神々しいですね
> まるで別世界 たまには浮世から離れるのも良いものですね

 椿大神社は思っていた以上に御神気が高くて、とても落ち着ける神社でした
 この景色を見た時は、凛とした空気に背筋が伸び、心が澄みきるようでした☆


> お茶の作法は知らなくても大丈夫ですよ 不作法ですので伝えれば問題ありません
> 抹茶を頂くのもホッとしますよ^^

 見た感じ敷居が高くて、僕には似合わないなぁ~ と思っていました 
 また、訪れたいと思っているので、今度はお邪魔しようと思います (^^♪

 コメントを誠にありがとうございました
 

かるがもさん

椿岸神社
朱塗りが綺麗ですね
天之鈿女命が主祭神なのですね
それで鮮やかな赤なのでしょうか・・・と思いました
かなえ滝
その名も綺麗ですが その流れも綺麗です
小さな 滝ではあるけれど その清い流れは
流れの音まで聞こえてくるかのようです

言の葉ISさまへ

言の葉ISさま こんばんは!
訪問とコメントをありがとうございます☆

ブログが更新されてなかったので、少し心配をしていましたが、
言の葉ISさんのコメントを見て、ホッとしました (^^♪
こちらこそ、よろしくお願いします (*^^)v


椿大神社は、とってもいいですよ~ 
木々や水が豊かで、綺麗な空気が漂っていて、そこに居るだけでご利益を頂けました
かなえ滝の横には柄杓が置いてあって、滝の水を頂けるのです (^^♪

この上にある金龍明神滝はお祓いご祈祷を受けないと入れません。
金龍明神滝では毎月11日にはみそぎ修法会が行われています。
見て来なかったのが、非常に残念です (>_<)


> 次はどんなところに行かれるのか リポートを楽しみにしています(*^_^*)

嬉しいお言葉をありがとうございます☆
今回は、とっても貴重な体験をしてきたのです 楽しみにしてくださいね (^^♪

旅先でのお茶のおもてなしはホッとしますよね~
松下幸之助が茶道の発展のために寄進したとの言葉が僕をビビらせました (@_@;)
言の葉ISさんとはやとうりさんの言葉を聞いて安心しました
今度、行く時はおもてなしを美味しく頂こうと思います☆

コメントを誠にありがとうございました (^^)

Romanさま

Romanさま こんばんは!
いつも訪問とコメントをありがとうございます☆

> なかなか興味深いところですね。
> かるがもさんが訪れる場所は皆興味深いものです。

有り難いお言葉を頂いて、感激しています
今回は三重県の旅だったので、旅行中の安全祈願に椿大神社を訪れました
動機は割と単純なんですよ ^^;


> 猿田彦とアメノウズメを連れて戻った場所はこのようなところなのでしょうか。

古事記だと五十鈴川の川上に戻り、後に伊勢の地の国土開発を指導したとの事ですが、
椿大神社の由緒書きには鈴鹿川と書かれてます どっちなんでしょう?? 


> 最後から2枚目の丸い玉は地球で、日本地図が描かれていますね。
> それも九州から伊勢まで?

 日本の地図に気が付いて下さいましたね!
 地図には九州から北海道まで描かれていて、伊勢に穴が開いていました。
 境内には御船磐座があり、高天原から瓊瓊杵尊を連れてくるときに船をつないだ場所とされてます。
 
 次の記事も頑張るので、次も見に来てくださいね♪
 コメントを誠にありがとうございました☆

りらさんへ

りらさん こんばんは!
いつも訪問とコメントをありがとうございます☆
昨晩にお返事を書きたかったのですが、睡魔に負けて寝てしまいました
遅くなってしまい、ごめんなさい (>_<)


椿岸神社は朱塗りがとても綺麗で、女性的な優しさがありました。
境内には扇塚があり、芸道を志す方達の古くなった扇を感謝の心を込めて、
この塚に納めるそうです この神社の華やかさはそういう所から来ているのかもしれないです

かなえ滝は本当に清らかな水でした~
滝だけ撮影したら、なんか、ショボク写っていました… 
社殿を背景にしたらバッチリで僕好みの写真になりました (^^♪


> 流れの音まで聞こえてくるかのようです

気に入っている写真なので、とても嬉しい言葉です☆
コメントを誠にありがとうございました (^^)

かるがもさん

二之鳥居
椿大神社の拝殿
霧がある様子が よく描写されていますね
「心のモヤモヤが消えていく」
私もお写真 拝見していくんうちに 同じような 状態になりました
写真の力の大きさ 感じます

りらさんへ

りらさん こんばんは!
いつも訪問とコメントをありがとうございます☆

> 霧がある様子が よく描写されていますね

 ここは本当にスゴイかったです☆
 写真じゃ判らないけど、霧が鳥居や社殿をゆっくりと動いていて、ご神気が高く感じます
 気象条件、気温など色々な状況が重なってだと思うけど、霧が深くて、まるで別世界でした (^^♪
 

> 私もお写真 拝見していくんうちに 同じような 状態になりました

 僕と同じような気分になれたとの言葉が嬉しいです☆
 椿大神社の規模はそんなに大きくないし、周辺に何も無く寂しい場所ですが、
 他の有名神社に勝るとも劣らない、素晴らしい神社です!

 コメントを誠にありがとうございした☆


 
最新記事
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブックマーク
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。