スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アドリア海の女王

いつも訪問をありがとうございます☆
さて、出張先の話の続きになります
2日目のスキオでの打合せを終えて、マルコ・ポーロ国際空港の近くのヴェネチア市街に移動しました。

ヴェネチアは、アドリア海の最深部、ヴェネチア湾にできた潟の上に築かれた、運河が縦横に走る水の都。
中世にはヴェネチア共和国の首都として栄えた都市で、「アドリア海の女王」の別名を持ちます☆
今回の出張で一番楽しみにしていた場所なので、滅茶苦茶ウキウキ気分でした (^^♪
ただ、ヴェネチア本島の中は車での移動が出来ず、「ローマ広場」からスーツケースを持って歩きました…
石畳の道や大きな橋には階段しかなくて、ホテル到着した時には汗でびっしょりでした (ーー;)

軽くシャワーを浴びて、服を着替えたら、さぁ!出発☆
部長達3人で、サンタルチーア駅の前の水上バスヴァポレット乗り場からサンマルコ広場に向かいました
水上バスヴァポレットが出ると直ぐにスカルツィ橋の下で船が渋滞~ 
P1010480 (800x600)

運河の両脇には色鮮やかな建物や教会があって、とっても綺麗です☆
P1010482 (800x600)

少年を乗せた渡し船と古い建物は、絵画の世界に入り込んだようでした (^^♪
P1010483 (800x599)

カナル・グランデ(大運河)に掛かるリアルト橋は「白い巨象」とも呼ばれています。
商業の中心であった地区にあるリアルト橋は、当初、木製の跳ね橋で「富の橋」と呼ばれていました。
崩壊や火災に何度も遭い、16世紀末に現在の石造りに変えられました。
橋の設計案を一般から募集した当時、ミケランジェロも一般公募に参加しましたが、
採用されたのはアントニオ・ダ・ポンテの作品なのです。
P1010493 (800x592)

リアルト橋を抜けると夕焼けで空が赤く染まっていました  綺麗だね~ 
P1010499 (800x599)

古いホテルの前にはゴンドラが並んでいる 何処を見ても芸術品のように思えてくる
P1010502 (800x598)

運河の曲がって行くと、右手に大きなサンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会が見えてきた☆
お、おぉ~ 凄い、凄い~ TVや写真で見た景色が今、目の前に広がっている 
つい興奮して、立ち上がって撮影していたら水上バスの運転手に前が見えないと怒られちゃった(>_<)
P1010509 (800x600)

サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会の「サルーテ」とはイタリア語で「健康」という意味です・
この教会はペストの疫病を治まったとき聖マリアに感謝する目的で、1630年に建設されました。
P1010516 (800x599)

南の方にに小さなサンジョルジョ・マジョーレ島が見えます。
島のほとんどがサンジョルジョ・マジョーレ教会となっています。
夕暮れで写真が粗くなって、ブレているのが、本当に残念 (>_<)
P1010520 (800x596)

左手にサン・マルコ広場の鐘楼が見えてきた。目的地のサン・マルコ広場まであともう少しです。
P1010521 (800x600)

振り返ると夕焼けとサンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会のシルエットが美しい…
何て美しい光景なんだろう! 心から感動してしまいました☆
本当にロマンチック☆ これは絶対に絶対に盛り上がります \(^o^)/
P1010524 (800x597)

でもね…



ちょっとね…



僕の横が…



部長だったのが残念でした… (>_<)



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

かるがもさん

一枚目のお写真
スカルツィ橋の景観
素晴らしいですね
橋の下の数隻の船
その船が全て個性が違います
背後の建物もこの地ならではですね
橋の上からも この景観を見ている人が多くいるようですね

おはようございます♪

な・何と素敵な風景 、「アドリア海の女王」と言われるだけの威厳と美しさを保っていますね
「素晴らしい」この一言しか出てきませんね

このような風景は一度も見た事がありません

4・5・7最後の画像が好きですかね どれも素敵なのですがね

こんな所 恋人同士で行ったならば一生の思い出になりますね
むさくるしい「おっさん」とではね いえいえむさくるしいかどうかはお会いした事がないので(笑
失礼致しました。
かるがもさん良かったね お仕事とは言いながらこんな素敵な場所に出合えて幸せだと思います

おはようございます(*^_^*)

素敵・すてき・ステキ・・・本当に素敵なところですね!!
かるがもさんの映し方も素敵なので 全部絵葉書みたいですね!!
「サンタルチア」を口ずさみながら 拝見しました(*^_^*)

長旅だし お仕事だし 感動を共に見交わすべき隣人は・・・・(>_<)であっても
何にも勝る美しさと素晴らしさ・・・本当にいい経験をなさいましたね!!

かるがもさんの感動がしっかり伝わってきます。
ご一緒に良い旅巡りをさせて頂きましたよ(*^_^*)

素晴らしい景色と景観ですね。
部長さんと一緒とはいえ・・・。

今度は誰か素敵な人と行って下さい!。

りらさんへ

りらさん こんばんは!
いつも訪問とコメントをありがとうございます!

スカルツィ橋は、リアルト橋、アッカデミア橋、コスティトゥツィオーネ橋と共に
ヴェネチアのカナル・グランデにかかる4つの橋の一つです。
鉄道のサンタルチア駅の近くなので人の往来も多く、もちろん観光客も多いです☆

道が狭くて車が入る事が出来ないヴェネチアの交通手段は徒歩か船での移動になります
海上バスや渡し船にゴンドラに漁船に個人のモーターボートなどなど…
運河は、まさに船の大通りみたいでした (@_@;)

世界中にXXのヴェネチアと呼ばれる場所はありますが、
本場ヴェネチアでしか味わえないものがあると思いました☆

コメントを誠にありがとうございました (^^)

はやとうりさまへ

はやとうりさま こんばんは!
いつも訪問とコメントをありがとうございます☆

仰るように「アドリア海の女王」に相応しい、素晴らしい景観でした(^^)
僕も初めてのイタリアに感動してしまい、今でも酔いしれています☆

リアルト橋やサンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会が見えて来た時は本当に興奮してしまいました!
船に乗りながらの撮影で、綺麗だと思ってカメラを構えると場所が変わるので難しかったです (>_<)

やっぱり、こんなに素敵な場所は恋人同志やご夫婦、ご家族で来た方が感動が倍増するでしょう
実際に水上バスの中でも恋人同士やご家族連れが多くて、とても楽しそうでした☆
この素晴らしい景観の背景に部長の横顔を見た時は… 何故かガッカリしてしまいました
というか、周りからみたら、僕も含めた野郎3人組はむさくるしく見えたかもしれません (ーー;)

海外出張で色々な場所に行けるのは、人生経験が増えて、幸せな事なんだと思っていますが、
実は深~い深い訳がありまして、出張記事を終えたら記事を書こうと思っています (..)

それは、ともかく!
はやとうりさんに写真を褒めて頂いて、とっても嬉しいです☆
コメントを誠にありがとうございました (^^♪

言の葉ISさまへ

言の葉ISさま こんばんは!
いつも訪問とコメントをありがとうございます☆

イタリア・ヴェネチアは本当に素敵な景観を持つ場所でした☆
初めての訪問でしたが、この国がとても気に入りました (^^♪


> かるがもさんの映し方も素敵なので 全部絵葉書みたいですね!!

お褒めのお言葉をありがとうございます☆
でも、写真には写らない美しさと雰囲気があって、僕の表現力じゃ表現しきれない素晴らしさがありました!

> 長旅だし お仕事だし 感動を共に見交わすべき隣人は・・・・(>_<)であっても
> 何にも勝る美しさと素晴らしさ・・・本当にいい経験をなさいましたね!!

あははっ!(笑)
僕が美しい景観に感動している最中に仕事の話をされて、冷や水を掛けられた気分になりました…
それでも、個人でヴェネチアになかなか来れないし、この景色を見れただけでも、いい経験になりました☆

ヴェネチアの記事はもう少し続きます☆
宜しければ、次のヴェネチア回りもご一緒にどうでしょうか? (^^♪

コメントを誠にありがとうございました☆

Romanさまへ

Romanさま こんばんは!
いつも訪問とコメントをありがとうございます☆

ヴェネチアはRomanさんが教えてくれたように素晴らしい景観で、
建物や教会を見て歩くだけでも楽しかったです☆
滞在期間が少なかったので、色々と観る事できなかったのが残念でした…

> 今度は誰か素敵な人と行って下さい!。

是非、再訪したい場所なんですが、金銭面とか、相手とか… 実現性に乏しいです(T_T)
でも、いつかは再び訪れたいと思います☆

コメントを誠にありがとうございました (^^♪

かるがもさん

最後のお写真
サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会のシルエット
夕陽の中 それは美しい光景ですね
その光景に感謝するかるがもさん
かるがもさんの心も同じように美しいです
被写体あってこその写真です
しかも これ程の光景
まるで夢のようですよね

りらさんへ

りらさん こんばんは!
いつも訪問とコメントをありがとうございます☆

夕陽の中のサンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会のシルエットはとても美しかったです☆
僕の心はこんなに美しくないですよ! 色んな事があって、ドロドロと澱んでいます (>_<)
ただ、そんな事も忘れさせてくれる美しい景色でした!

時間が在ったら、もっと見ていたかったし、撮影に専念できたのですが、
部長たちも居たので時間を掛ける事が出来ませんでした
そんな、短い時間だったので、写真と共に心に深く写り込みました☆

コメントを誠にありがとうございました!

かるがもさん

リアルト橋のお写真
「白い巨象」の愛称 お似合ですよね
ミケランジェロをも超えて採用された
アントニオ・ダ・ポンテの作品
見応え充分ですよよね
橋の造形美 素晴らしいですよね
アーチの中は どうなっているのでしょうね

りらさんへ

りらさん こんばんは!
昨日から体調を崩してしまい、お返事が遅れてしまいました
仕事も多忙なので、更新もお返事も遅れる事が今後もあると思います
折角、コメントを頂いているのに大変申し訳ありません m(_ _)m

水上バスからリアルト橋が見えた時はスゴイ~と思いました!
まさに白い巨象の言葉が相応しかったです。
帰りにリアルト橋を歩いて通ったのですが、道に迷っていたので記憶に残っていません…
カナル・グランテには4つの橋が掛かっていて、リアルト橋はその一つらしいです
時間があれば、もっとゆっくり見たかったです

コメントを誠にありがとうございました☆

かるがもさん

「古いホテルの前にはゴンドラが並んでいる」のお写真
ホテルの建築が素晴らしいですよね
その前にあるゴンドラ
このホテルから すぐ乗れるのようになっているのですね
ホテルの1階は レストランみたいにみえます
このレストランで食べる食事最高でしょうね

りらさんへ

りらさん だいぶお返事が遅れてしまって 申し訳ありません
色んな事があって肉体的にも精神的にも疲れてしまい、体調を崩してしまいました
まだまだ、忙しさもトラブルも続きそうで、悩みが尽きません…


世界遺産のヴェネチアの街並みを眺めながら、ゴンドラに揺られるのはロマンチックです!
ホテルもヴェネチアの歴史地区にあるので、古い造りを残していると思います
ここはリアルト橋の近くで、サン・マルコ広場も1km弱なので、最高のロケーションでした
レストランで夕闇のカナル・グランデを眺めながら食事を取れたら、気分最高になれると思います☆
イタリア、ヴェネチアは、今まで訪れた国の中で一番芸術性を感じた街でした。 

コメントを誠にありがとうございました☆

かるがもさん

「振り返ると
夕焼けとサンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会のシルエットが美しい」
の記事があるお写真
本当に美しい光景ですね
昼は過ぎてはいても 夜はまだやってきていません
昼と夜とのバトンタッチの束の間の美的空間
見事に描写されてると思います
感動しました

りらさんへ

りらさん また、だいぶお返事が遅れてしまいました 大変申し訳ありません

今、インドネシア新会社の業務をしていて、3月中旬までに設備出荷をしなければいけません。
予算もギリギリ、納期もきついので四苦八苦しています。
気力、体力が、かなり消耗していてる状態が続いています…

夕暮れの景色は美しく、儚く、僕が好きな時間です。
その時間帯にサンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会のシルエットが見えた時は心から感動しました
この教会は美しい外観なので多くの観光案内やポストカードに撮影される場所となっているのです
古くからヴェネチアの人々はこの景色を眺めていたと思ったら、とても羨ましく思いました

コメントを誠にありがとうございました☆

かるがもさん

「でもね…ちょっとね…僕の横が…部長だったのが残念でした… (>_<)」
海外出張の多いかるがもさん
次回海外出帳の際は 現地で恋に落ちることを期待していますね
金髪の青い目のお嬢さん
教会の前に佇み 夕日に輝いている・・・・
かるがもさんと二人一瞬にして恋に落ちる
素敵でしょう


りらさんへ

りらさん こんばんは!
いつも訪問とコメントをありがとうございます

> 海外出張の多いかるがもさん
> 次回海外出帳の際は 現地で恋に落ちることを期待していますね

 現地で恋に落ちるのは現実には難しいですね~
 言葉の壁は高く、コミニケーションが上手く取れないですよ (>_<)
 その国々によって国民性がありますが、海外はレディファースト当り前の様な気がします。
 日本でやるとキザに見えたりするし、中々、様にならないですね~
 僕がジェントルマンになるには程遠い気がします…


> 金髪の青い目のお嬢さん
> 教会の前に佇み 夕日に輝いている・・・・
> かるがもさんと二人一瞬にして恋に落ちる
> 素敵でしょう

 まるで映画の様なシーンですね~ (^^♪
 ロマンチックに時が動けば、生涯忘れないことでしょう☆

 実は次の出張先がインドネシアに決まっているので、別のシーンが待っていると思います
 仕事先はビーチには遠い場所だし…バリ島には2時間弱と遠い距離だし…
 現地の男共と汗まみれになって働いている光景が目に浮かびます (T_T)

 コメントを誠にありがとうございました☆

最新記事
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブックマーク
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。