スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東国三社詣り 香取神宮

ご無沙汰しています

更新していない間にも訪問してくださった方々 コメントや拍手を下さった方々
皆さんの思いやり溢れる応援の言葉に感激いたしました 誠にありがとうございます

年末までに納めないといけない仕事も抱えているので、息の付く間も有りません…
月曜から新潟に出張に出ていて、12月の中旬にも海外出張が決まりました。
そんな状態ですが、ゆっくりでも、少しづつでも更新していこうと思っています。
どうか、ご理解を宜しくお願い致します


それでは東国三社詣りの最後の記事は千葉県香取市に鎮座されている香取神宮になります。
古くから国家鎮護の神として皇室からの御崇敬が最も篤く。
当時神郡(神領)を持ったのは伊勢神宮・鹿島神宮・香取神宮の三社のみだったそうです。

鹿島神宮と同じく徳川幕府から造営された楼門は丹塗りで色鮮やかでした~
IMG_9890 (800x533)

楼門の裏には木製の狛犬がいました☆ これが重要文化財の古瀬戸黄釉狛犬と思っていたのですが…
帰って調べたら古瀬戸黄釉狛犬は宝物館内に飾られてあり、見ていなかったのです (>_<)
IMG_9891 (800x533)

そして、楼門の向こうには大木に囲まれた立派な社殿が見れるはずだったのですが…(もらい画像です)
0029 (800x600)

あれ?社殿はどこ、どこ??
え~ 嘘~ (T_T)

写真左の社殿は改修工事で大きな覆いに囲まれて、全然、見えない… 凄く楽しみだったのに (+_+)
ちなみに10/25に覆い屋根は撤去されたそうです 残念!
IMG_9913 (800x533)

参拝をして、境内を歩くと大きな錨が置いてありました
これは海上自衛艦の練習艦「かとり」の錨です
IMG_9897 (800x533)

更に奥に行くと大きな三本の杉が有ります
IMG_9902 (800x533)

後冷泉天皇時代に源頼義公が参拝し、
「天下泰平社頭繁栄子孫長久. 三つの願い成就せば此の杉自ら三岐に別れん」と祈願したところ、
一株の杉が三岐に別れた以来これを三本杉と云うと書かれていました。
真ん中の杉は折れていて、空洞になっていますが、人がはいれるほど大きかったです
IMG_9903 (800x533)

次の場所を見るために参道を戻っていきました。
参道の両脇に桜や楓などが植えられていて、美しい四季の表情を見れると思います
IMG_9921 (800x533)

次の場所は香取神宮の要石です。
伝説には鹿島神宮の要石は地震を起こす大鯰の頭、香取神宮の要石は尾を押さえているという。
あるいは、2つの要石は地中で繋がっているといわれています。
IMG_9928 (800x533)

香取神宮の要石は地上部が丸くなっていて、掘り起こせないほど大きいそうです
ん~ん~ 僕には普通の石にしか見えない (ーー;)
IMG_9930 (800x533)

更に奥に行くと鬱蒼とした木々の中に香取神宮の奥宮があります。
なんか、すごく雰囲気が出ていますよね~
IMG_9935 (800x528)

参拝者は誰も居なくて、少し怖さを感じるものがあります
奥宮社殿で参拝をして、しばらくすると、僕の耳に高い音が聞こえてきた!
IMG_9936 (800x533)

こ、この音は…






やぶ蚊がいる~ (>_<)


急いで、参拝を終えて戻り事にしました
やっぱり、この日はついてない日でした…

でも、落ち着いたら、改めて参拝に来たいと思いました (^^♪ 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。
更新されましたね。香取神宮。
お待ちしていましたが、仕事もお忙しいようですね。
体に気をつけて海外出張も頑張って行って来て下さいね。

東国三社をこうして回られる人は少なくなったのでしょうが、昔の人は歩いて回られたのでしょうね。
かるがもさんの気持ちが伝わってきます。
私も香取神宮は覆いがつい手配ましたが一部のみでした。
覆いがとれたのならまた近いうちに覗きに行ってきますね。
佐原の街の探索などをしていますので・・・。

ぷぅ~ん

どうもヤブ蚊です(違

漆黒の社殿が覆われているぅぅぅぅ><
改修中に行くと残念な気分になりますよね。
でもきっとその分御利益があるはずっ!

東国三社は鹿島神宮にしか行ったことがないので、いつか三社巡りしたいです。

お仕事忙しそうですが、
体壊さないでくださいね!
ブログの更新は自分のペースでのんびりいきましょ♪

Romanさまへ

Romanさま こんばんは!
お久しぶりです コメントを誠にありがとうございます
書き掛けていた香取神宮の記事を何とか仕上げて更新しました

> 東国三社をこうして回られる人は少なくなったのでしょうが、昔の人は歩いて回られたのでしょうね。

江戸時代にお伊勢参りに次いで広く親しまれていた東国三社詣りにすごく興味がありました。 
今ではバスツアーで回られるみたいですが、当時は歩きや船を使って、お参りに出ていたのでしょうね~
息栖神社のアクセスは不便でタクシーの往復で財布に一気に寂しくなりました…

> 佐原の街の探索などをしていますので・・・。

僕も香取神宮の帰りに佐原の忠敬橋付近を歩きました 
思っていた以上に古い街並みや残っていて楽しめました (^^)
ただ、佐原の夏の大祭が一週間遅れで見れなかったのが、とても残念でした…
機会が有ったら、また訪れたいと思いました☆

訪問とコメントを誠にありがとうございました (^^♪  

Zuccaさまへ

Zuccaさん こんばんは!
訪問とコメントをありがとうございます☆

> どうもヤブ蚊です(違

あははっ!
本当にヤブ蚊が凄かったんですよ~
前後左右からプーンといっぱい飛んでくる音が聞こえてきて、逃げてきました(>_<)


> 漆黒の社殿が覆われているぅぅぅぅ><
> 改修中に行くと残念な気分になりますよね。
> でもきっとその分御利益があるはずっ!

事前に香取神宮を調べていたのですが、改修中との情報が無かったので
社殿に大きな覆いに囲われたのを見たときは、呆然としてしまいました (T_T)


> 東国三社は鹿島神宮にしか行ったことがないので、いつか三社巡りしたいです。

東国三社詣りをしたら、足を延ばして銚子沖の魚料理を食べてください!お勧めします (^^♪


> お仕事忙しそうですが、
> 体壊さないでくださいね!
> ブログの更新は自分のペースでのんびりいきましょ♪

ご心配下さり、ありがとうございます☆
仕事が忙しくて、体調まで崩してしまいました (>_<)
無理せずに自分のペースで行きたいのに、会社にいるとそうはいかないですね~
ブログ更新も負担にならない様に更新をしていきたいと思います。

訪問とコメントを誠にありがとうございました☆

かるがもさん おはようございます♪

お久しぶりですね
変わらずお忙しそうで大変ですね
12月には海外出張ですか お身体壊さないようにお気を付け下さいね

かるがもさん

一枚目のお写真
朱で塗られた楼門
左手常緑樹の緑 背後の緑
緑の中 朱色が尚の事 鮮やかさを増しています

二枚目のお写真
木製の狛犬
私は 神社撮影は あまりしていません
木製の狛犬を 見るのは 初めてです
撮影して下さり アップして下さりありがとう
楽しく 拝見させて頂きました

はやとうりさまへ

はやとうりさま こんばんは!
かなりお久しぶりになってしまいました
訪問とコメントをとても嬉しく思っています (^^♪

> 変わらずお忙しそうで大変ですね
> 12月には海外出張ですか お身体壊さないようにお気を付け下さいね

業務が忙しかった11月には違うプロジェクトで名古屋、新潟出張にも行ってきました
その結果が…  今、体調を崩してしまい会社休んでいます…
疲れてくると免疫が落ちてきて、色んなところが悪くなりますね~ (T_T)

12月の2週目にはドイツ、イタリアと2か国に出張に出るので体力が持つのか?ちょっと不安です
あまり泣き言は言いたくないけど、優しい言葉を掛けられると、つい愚痴ってしまいますね(反省)
旅行気分で海外出張に出てきますね☆

ニュースでは今日は冷え込んで、そちらでも雪が降ったと流れていました
風邪など引かぬように、どうか、ご自愛くださいませ

優しいコメントを誠にありがとうございました (^^♪

りらさんへ

りらさん こんばんは!
かなりお久しぶりになってしまいました
訪問とコメントをとても嬉しく思っています (^^♪

> 一枚目のお写真
> 朱で塗られた楼門
> 左手常緑樹の緑 背後の緑
> 緑の中 朱色が尚の事 鮮やかさを増しています

香取神宮の楼門は鹿島神宮と同じく徳川幕府造営されたもので立派でした。
楼門の後ろには大木があるので、楼門の赤と大木の緑が美しく思えました


> 二枚目のお写真
> 木製の狛犬
> 私は 神社撮影は あまりしていません
> 木製の狛犬を 見るのは 初めてです

木製の狛犬は本当に珍しいですね~
狛犬も色んな表情や形式があって、よく見てみると面白いです (^^)
宝物館にある重要文化財の古瀬戸の狛犬は珍しいスタイルで
阿像は250円通常切手のデザインになりました。
下のURLで見れます (*^^)v

http://www.sawara.com/tera/katori/250.htm


> 撮影して下さり アップして下さりありがとう
> 楽しく 拝見させて頂きました

更新意欲が湧く言葉をありがとうございます☆
次に更新がいつになるか、また時間が掛かるかもしれませんが、
また、よろしくお願いいたします 

訪問とコメントを誠にありがとうございました☆

かるがもさん

三本杉のお写真
空洞になっている杉の中
男女二人の方がいますね
どれだけ 大きな空洞かが
お二人の姿を写すことにより
見る者をその大きさに納得がいくものとなっています
私もお写真 拝見して とても驚きました

りらさんへ

りらさん こんばんは!
いつも訪問とコメントをありがとうございます☆

> どれだけ 大きな空洞かが
> お二人の姿を写すことにより
> 見る者をその大きさに納得がいくものとなっています

実は僕が空洞に入っていたら、親子でこちらを覗いていました。
空洞から出たら、変わる様に入って行ったので空洞の大きさを表すチャンスだと思いました(^^)
大きさを表現するのに何か比較するものをいれるとガラっと変わりますね☆
その点を意識した撮影でしたが、良く判りましたね~ 

撮影意図に気が付いて頂いて、嬉しいです(^^♪
コメントをまことにありがとうございました!





> 私もお写真 拝見して とても驚きました

かるがもさん

香取神宮の奥宮のお写真
石段を上がった その先に 昼なお暗きかと思われる程
木々が多く その枝にある葉で覆われたようなところにある
香取神宮の奥宮
幽玄な雰囲気を醸し出していますね

りらさんへ

りらさん こんばんは!
訪問とコメントをありがとうございます☆

> 木々が多く その枝にある葉で覆われたようなところにある
> 香取神宮の奥宮
> 幽玄な雰囲気を醸し出していますね

りらさんが仰るように香取神宮の奥宮は木々に囲まれた所に鎮座してました。
昼過ぎなのに薄暗く、静寂に包まれていて、ちょっと怖さを感じました (TwT)
それだけ御神気が強い場所なのかもしれないですね~
りらさんも香取神宮の奥宮の幽玄さが感じれとれたのかな?

コメントを誠にありがとうございました☆

かるがもさん

香取神宮の要石

かなり大きいようですね
両側に入れこんだ 石柱の暈け感が素敵です
その中にある石
アングルが素敵だと思いました
「僕には普通の石にか見えない」
その素直な言葉 好感が持てます

お久しぶりです!
あらら、社殿は改修中でしたか。
せっかく訪れたのに、残念でしたね・・・。
参道などのお写真を見てると当時からの面影を残す美しい緑の風景ですね。
しかし、海上自衛艦の錨があるなんて、意外ですね~。

ここしばらく、急に寒くなってまいりました。
相変わらずお忙しそうですが、お体には十分気を付けてくださいね。

りらさんへ

りらさん こんばんは!
いつも訪問とコメントをありがとうございます☆


> 香取神宮の要石
> かなり大きいようですね

 要石の地上部の大きさはハンドボール位の大きさでした。
 地下部は伝説通りに掘り起こせない位に大きいのかな(・・?


> 両側に入れこんだ 石柱の暈け感が素敵です
> その中にある石
> アングルが素敵だと思いました

 僕は神社の拝殿や御神体は正面から撮らない様にしているのです。
 参道の真ん中は正中と言って、神様が通る道なので、端を歩くようにしてます。
 そこから撮る写真は斜めになるので、この写真の様になりました。
 石柱も偶然に入り込んだ写真なんですょ (*^^)v


> 「僕には普通の石にか見えない」
> その素直な言葉 好感が持てます

 う~ん… たぶん、誰が要石を見ても同じ事を思うでしょう…
 ただ、古代にこの要石を神聖な石と決めた何かの理由、意味があるのでしょうね~
 もしかしたら、掘り起こしてはいけない様な歴史的な物が埋めてあるかもしれないですね!
 そんな風に歴史に思いを馳せると豊かな気持ちになれる気がします☆
 
 コメントを誠にありがとうございました☆

きみひと@さまへ

きみひと@さま お久しぶりです☆
こんばんは!
訪問とコメントをありがとうございます(^^♪


> あらら、社殿は改修中でしたか。
> せっかく訪れたのに、残念でしたね・・・。

 香取神宮の社殿を楽しみにしていたのですが、改修中は本当にショックでした(>_<)
 神様がもう一度、出直してこいと言っていたのかもしれないですね~
 

> 参道などのお写真を見てると当時からの面影を残す美しい緑の風景ですね。

 ここの参道は綺麗ですよ☆
 春には桜が可憐に咲き、初夏には新緑がまぶしく、秋には赤く染める紅葉が
 参拝客の目を喜ばしてくれます☆
 *ネット検索して、香取神宮参道の四季の写真を見ました…

> しかし、海上自衛艦の錨があるなんて、意外ですね~。

 きっと香取神宮の御祭神の経津主大神の強さに肖ったのでしょうね☆
 香取神宮は海上守護の神と信仰されている事も関連があるかもしれないです!


> ここしばらく、急に寒くなってまいりました。
> 相変わらずお忙しそうですが、お体には十分気を付けてくださいね。

 本当に寒くなりましたね~ 寒くてストーブの前から離れられないです(>_<)
 ご心配下さり、誠にありがとうございました(^^♪

かるがもさん

最後のお写真
いかにも幽玄を感じるお写真
少しの音にさえ かるがもさんが反応してしまうであろうことが
お写真から 察することが出来ます
もしかしたらやぶ蚊ではなかったかもしれませんよ

りらさんへ

りらさん こんばんは!
いつも訪問とコメントをありがとうございます☆


> 最後のお写真
> いかにも幽玄を感じるお写真

 ここは参拝客も少なく、なんか怖さを感じてしまいました。
 御祭神 経津主大神の荒魂をお祀りしているので力が強いのかもしれません。
 ちなみに荒魂は神の荒々しい側面、荒ぶる魂の事を言うそうです。 


> 少しの音にさえ かるがもさんが反応してしまうであろうことが
> お写真から 察することが出来ます
> もしかしたらやぶ蚊ではなかったかもしれませんよ

 もしかして… 幽霊だったりして(@_@;)
 いや、間違いなくヤブ蚊でした それも5,6匹くらい居たと思います(>_<)
 
 感受性が高いのかもしれないですが、ひとりで参拝していていると、
 何か判らないのですが、何かを感じる事があります。

 伊勢神宮外宮ではピーンと張りつめた空気を感じ、
 伊勢神宮内宮では眩しい光みたいなものを感じました。
 京都の出雲大神宮では磐座の近くでは空気が一気にヒンヤリと変わりました。
 早朝参拝すると顕著にそれを感じられます

 コメントを誠にありがとうございました☆

かるがもさん

8枚目のお写真
参道の周りにある 緑の濃淡が美しいですね
春になれば 薄紅色の花が咲くことでしょう
私の一番好きな花です
来春のこの地の光景が思い浮かぶかのようなお写真と記事
楽しく拝見 拝聴させて頂きました

りらさんへ

りらさん こんばんは!
いつも訪問とコメントをありがとうございます☆

> 参道の周りにある 緑の濃淡が美しいですね
> 春になれば 薄紅色の花が咲くことでしょう

 薄暗い参道を歩いていると夏の日差しに照らされた緑がキラキラして目に入りました
 玉砂利を歩く音も耳に心地よく、気分が良くなってきました (^^♪
 春には桜、秋には紅葉とここは穴場的なスポットらしいです☆
 

> 来春のこの地の光景が思い浮かぶかのようなお写真と記事
> 楽しく拝見 拝聴させて頂きました

 実は目的だった社殿が修復中だった事と、あまり納得いく写真が撮れなかったので
 記事を書くのに、あまり気が乗りませんでした…
 そんな拙い記事にお褒めのお言葉を頂けて、とても嬉しいです

 コメントを誠にありがとうございました☆ 
最新記事
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブックマーク
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。