スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱田の杜3

いつも訪問をありがとうございます☆
いよいよ熱田神宮の最後の記事になります(^^)

こころの小径から参道に戻ると右手に名古屋最古の石橋の二十五丁橋見えます。
西行法師が旅の途中で熱田の社に参拝に立ち寄られた時に二十五橋で腰を掛け、歌を詠みました。
”かくばかり木陰すずしき宮立ちを、誰が熱たと名づけ初めけむ”
IMG_9547 (800x513) - コピー

熱田の杜は沢山の木々が強い日差しから参拝者達を守ってくれます。
時折、涼しい風も吹いてきて、気持ちいい☆
きっと西行法師も同じことを感じていたのでしょうね (^^)
IMG_9569 (800x533) - コピー

南側正門の鳥居の横には上知我麻神社が有ります。
御祭神は尾張国造の乎止与命。日本武尊の妃である宮簀媛命の父神です。
ここは古くから知恵の神様として信仰されています☆
僕はお頭が弱いから、一生懸命にお祈りしましたょ (*^^)v
IMG_9586 (800x533) - コピー

上知我麻神社の横にあるのが別宮八剣宮
元明天皇の和銅元年(708)勅命により神剣をつくり、これをお納め祀ったことが創始です。
本宮と同じ祭神をお祀りしていて、社殿も本宮と同じ造りで年中祭儀も同様に行われます。
IMG_9580 (800x523) - コピー

八剣宮は武家の信仰が篤く、織田信長、徳川家康、徳川綱吉等により社殿の修造造営が行われてきました。
多くの武家が信仰していたせいなのかなぁ? ここは神威を強い気がしました。 
IMG_9592 (800x533) - コピー

上知我麻神社から表に出て、正門の一の鳥居から境内に入りました☆
鳥居が木々に囲まれていて、熱田神宮が深い森の中にある事が判ると思います。
IMG_9599 (800x520) - コピー

さて、今回の目的だった御垣内参拝です☆
社務所で御垣内参拝をお願いすれば、ちょっとお値段は高いですが、誰でも入れます☆
翼廊でお祓いを受けて、神主さんと御垣内に入り、拝殿の先で玉串を神前に捧げて拝礼しました。
御垣内は空気がピリとしていて、身が引き締まる感じでした まるで次元違う世界にいる様な気分です
IMG_9608 (800x531) - コピー

参拝を終えて、翼廊に戻ったら、急にフラフラしてしまいました… 
何でだろう? もしかしたら御垣内は力が強い神域なのかもしれませんね~ 


参拝を終えて、次の楽しみの昼食に向かいました!
それは名古屋名物 櫃まぶし☆ 熱田神宮近くのあつた蓬莱軒が有名なのです


蓬莱軒に行ってみたら、びっくりするくらいに並んでいます… (T_T)
諦めて、駅近くにある店で櫃まぶしを食べる事にしました☆
IMG_20130601_130706 (800x590)

櫃まぶしには食べ方が有って、最初にしゃもじで十字に切ってお茶椀に入れて味を楽しむそうです
1杯目はそのままウナギの味を楽しみ
2杯目は薬味をのせて味を楽しみ
3杯目はお茶漬にして楽しみ
4杯目は自分が気に入った食べ方で食べる☆

ん~ん~~

僕はグルメ通じゃないから、ちょっと判らないなぁ~
普通に食べたほうが美味しく思えました… (´・ω・`)



これで熱田神宮の記事を終えます☆
写真をクリックして、見て下さいね (^^♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

かるがもさん

一枚目のお写真
石橋の二十五丁橋
そのアーチ状の形状が魅惑的ですね
そ橋が水面に反映しています
川の両側にある石積みも素敵な風情です
周りの景観は 緑で溢れています

西行法師の和歌は この光景にまさしく
相応しく情感豊かに詠まれています

静寂の中 かるがもさんも 西行法師の気持ちに近づいたことでしょう

おはようございます♪

>”かくばかり木陰すずしき宮立ちを、誰が熱たと名づけ初めけむ”

西行法師さん 中々の唄ですね 当時は今よりもはるかに涼しかったでしょうね

写真はどれもいいけれど1枚目・2枚目・7枚目好きです^^

ひつまぶし 未経験です
一度家で作って見たいですね いまね~~鰻ものすっごくお高いの
下世話なお話でごめんなさい(^_-)
昔は天然の鰻が取れたのにね 今は養殖ばかりで悲しいね


りらさんへ

りらさん こんばんは!
朝早くから訪問とコメントをありがとうございます (^^♪

> そのアーチ状の形状が魅惑的ですね
> そ橋が水面に反映しています
> 川の両側にある石積みも素敵な風情です

 木々の緑の中で小川に掛かる二十五丁橋が渋くて、カッコよかったです☆
 静けさを感じ取れて、とっても風情感じる景色でした (^^) 
  

> 西行法師の和歌は この光景にまさしく
> 相応しく情感豊かに詠まれています

 森の静けさに癒されながら詠んだ西行の和歌は、とっても自然体ですよね~
 木漏れ日も美しく、清涼感ある光景でした (^^♪
 

> 静寂の中 かるがもさんも 西行法師の気持ちに近づいたことでしょう

 ほんの少しだけ西行法師と同じ気持ちになれたと思います。
 僕もセンスあれば和歌を詠んだのに… (>_<)
 
 りらさんは西行法師と同じ気持ちになれましたか?


 嬉しくなるお言葉頂いて、とても喜んでいます☆ 
 コメントを誠にありがとうございました (*^^)v

 

はやとうりさまへ

はやとうりさま こんばんわ!
いつも訪問とコメントをありがとうございます☆


> 西行法師さん 中々の唄ですね 当時は今よりもはるかに涼しかったでしょうね

 温暖化のせいなのか? 年々、温度が高くなっていますね~
 昔は空気も綺麗でもっと涼しく感じられたことでしょう
 緑の中にある二十五丁橋を見ながら、西行法師の和歌を詠むと清涼感を味わう事が出来ました☆


> 写真はどれもいいけれど1枚目・2枚目・7枚目好きです^^

 写真を褒めて下さり、ありがとうございます☆
 はやとうりさんは自然多い所の写真が好きみたいですね~ (^^)
 やっぱり自然はいいですよね! 心が癒される気がします☆ 
 

> ひつまぶし 未経験です
> 一度家で作って見たいですね いまね~~鰻ものすっごくお高いの

 はやとうりさんは料理がとてもお上手だから、お店に負けない櫃まぶしを作れると思います☆
 僕も今回が櫃まぶし初体験だったので、期待が高まっていましたが、
 本当にびっくりする値段でキンメ鯛の定食より高かったです… (@_@;)


> 昔は天然の鰻が取れたのにね 今は養殖ばかりで悲しいね
 
 そうですよね~ 乱獲によって絶滅になりそうな種もあります。
 飽食の時代になり食べれる事への感謝が失われているように思えます。
 話が飛びますが僕はTV放送の大食い選手権が嫌いなのです…
 余って捨てる食事で貧困に苦しむ子供たちを何人も救えるのにと思ってしまうのです。
 なんか悲いご時世になったものです

 話が変な方に行ってしまいました… スミマセン ^_^;

 毎回、コメントを頂いて、とても嬉しいです☆
 誠にありがとうございました。

かるがもさん

最後のお写真に目がクラクラ
櫃まぶしには食べ方の作法があったのですね
今 お腹が空いていて 尚更 美味しそうです
写真から 香りがしてきます
温かさも伝わってきます
朝食が今から楽しみになってきましたよ

二十五丁橋、本当に涼しそうですね☆
緑に囲まれた石橋、なんだか時を忘れさせてくれそうな感じがします。

木々に囲まれているとなんだか心が洗われる気がするのですよねぇ。
同時に神々しさも感じます。

御垣内参拝、してもらいたいです。
なんだかこうピリっとした空気感がありますね。
まさに神域。

ってひつまぶしぃぃぃぃ!
実はひつまぶしってちゃんと食べたことないんですよね。
うな重との違いも分かってないぐらいですw
サラっとお茶漬けもおいしそう~(´~`)モグモグ

かるがもさん

二枚目のお写真
木々の緑が この時期の梅雨のジメジメ感から 開放してくれます
木々の下にある道
この道を歩く人は 涼しいことでしょうね
清涼感溢れるお写真 爽やかな気分になる事が出来ました

りらさんへ

りらさん こんばんは!
いつも訪問とコメントをありがとうございます☆

> 最後のお写真に目がクラクラ
> 櫃まぶしには食べ方の作法があったのですね

 出張先の熱田に来たら何を食べたらいいと聞いたら、櫃まぶしを食べたほうがいいと皆に言われました☆
 櫃まぶしは明治6年創業の「あつた蓬莱軒」の登録商標なのです。
 昔は天然のウナギには質にバラつきがあり、かたく質の悪い小さなウナギは客に出せるものではなかったため、
 細かく刻んで大きな櫃に入れてかき混ぜ『賄い料理』としてお茶づけなどで食べていたそうです。

 この食べ方は店の人に教えてもらいました。好みの味で食べてもらいたいと、もてなしの一部だと思います☆
 

> 今 お腹が空いていて 尚更 美味しそうです
> 写真から 香りがしてきます
> 温かさも伝わってきます

 写真を褒めてくれて、ありがとう☆
 お腹が空いている時に食べ物の写真見ると食欲が湧いちゃいますよね~
 僕は料理のブログをしている方のところに訪問するときは食後と決めています
 とても美味しそうで見てるだけで食欲が湧いてきちゃうのです… ^_^;

> 朝食が今から楽しみになってきましたよ

 今朝は何を食べました?
 りらさんはお洒落なブレックファーストを取っているイメージが有ります☆
 僕は朝弱いから、菓子パンを頬張りながら車を会社へと走らせています… (ーー;)

 コメントを誠にありがとうございました☆

Zuccaさんへ

Zuccaさん こんばんは!
いつも訪問とコメントをありがとうございます☆

> 二十五丁橋、本当に涼しそうですね☆
> 緑に囲まれた石橋、なんだか時を忘れさせてくれそうな感じがします。

 本当にここは清涼感ある景色でしたょ☆
 歴史ある石橋も見ていると、その時代に戻ったような気分になりました!


> 木々に囲まれているとなんだか心が洗われる気がするのですよねぇ。
> 同時に神々しさも感じます。

 Zuccaさんの仰るように歩いていると心が洗われていきます (^^♪
 熱田の杜には20位の摂社、末社があって、ひとつひとつ参拝するのも楽しいです☆
 ただ、数が多すぎて、最後の方は小銭が無くなってしまい、お賽銭を出さずに参拝しました…


> 御垣内参拝、してもらいたいです。
> なんだかこうピリっとした空気感がありますね。
> まさに神域。

 御垣内参拝いいでしょう~ (*^^)v
 本殿の近くによって参拝するので、正装が条件になっていると思います。
 (僕は出張ついでだったのでスーツを着ていました)
 拝殿前で参拝するのと全然、雰囲気が違って、本当に神聖さが高まりますょ~
 でもね、これ本当に高いの… 1万します… (>_<)

 以前、伊勢神宮(内宮)でも式年遷宮の寄付をして御垣内参拝をしました☆
 寄付金は1,000円以上で協賛員、5,000円以上で3級賛助会員になり 1回のみで外玉垣南御門内で参拝できます
 金額によってお参りする位置、記念品が違っていますが、本当に素晴らしかったです (^^♪
 ちなみに一番高い特別名誉会員は内玉垣南御門外で参拝できますが、なんと1,000万以上です (@_@;)

> ってひつまぶしぃぃぃぃ!
> 実はひつまぶしってちゃんと食べたことないんですよね。
> うな重との違いも分かってないぐらいですw
> サラっとお茶漬けもおいしそう~(´~`)モグモグ

 僕もこのときが櫃まぶし初体験でした~ \(^o^)/
 うな重との違いはうなぎを小さく切ってある事と薬味を加える事とお茶漬けにする事くらいかな?
 僕はがっつり食べるタイプなので、一杯目の普通に食べる方が美味しく思えました。
 浜松でも美味しいウナギの蒲焼、白焼きが食べれるので、ちょっと感動が少なかったです…
 今度はあつた蓬莱軒で再度、櫃まぶしを食してみます☆ 

 コメントを誠にありがとうございました (^^♪  

りらさんへ

りらさん コメントをありがとうございます☆

> 木々の緑が この時期の梅雨のジメジメ感から 開放してくれます

 木々の緑は本当に美しいです☆
 強い日差しを遮ってくれし、木漏れ日も綺麗です☆
 雨が降っても、植物が活き活きとしているよう見えます (^^♪


> 木々の下にある道
> この道を歩く人は 涼しいことでしょうね
> 清涼感溢れるお写真 爽やかな気分になる事が出来ました

 写真を褒めてくれて、ありがとうございます!
 木々の下の参道は、自然の恵みを感じながら、熱田大神が祀られている場所に行きます☆
 清涼感を感じたのは熱田大神の御神気がりらさんに届いたのかもしれませんね (^^♪

 コメントを誠にありがとうございました☆

かるがもさん

三枚目のお写真の記事中

知恵の神様として信仰
僕はお頭が弱いから、一生懸命にお祈りしましたょ

かるがもさんのその素直で真摯な言葉に頭が下がるお思いです

かるがもさん

別宮八剣宮
創始は「元明天皇の和銅元年(708)勅命により神剣をつくり、これをお納め祀った」
かるがもさんのご説明で日本の歴史をも知るころが出来ます
詳細に調べていますね
時間と根気の要ることです
頭が下がる思い出いつも拝読しています
 

りらさんへ

りらさん こんばんは!
いつも訪問とコメントをありがとうございます☆

高校卒業して新卒で今の会社に入ったので、僕には学歴コンプレックスがあるのです。
負けない様に実績を積み重ねてきたつもりだけど、学歴無いから地位が上がる事は無いのです…

資料作成が上手くて(捏造した資料)、調子いい人間が上がるのは気に入らないし、負けたと思いたくないんだ!
ただ地道だけじゃ世の中に通用しないと思い、良い知恵を与えて欲しくて上知我麻神社で祈願しました

でも、冷静に考えるとやっぱり僕はお頭が弱い見本ですね!


コメントを誠にありがとうございました☆

りらさんへ②

りらさん 沢山のコメントをありがとうございます☆


> かるがもさんのご説明で日本の歴史をも知るころが出来ます
> 詳細に調べていますね
> 時間と根気の要ることです

 お褒めのお言葉をありがとうございます☆
 多くの写真から気に入った物を選んだり、由緒書きやネットで色々と調べたりしながら
 文章を組み立てるので時間がやたら掛かります (>_<)
 また、調べてるうちに説が分れて、どっちの説が正しいのか判らなくなったり… 
 キリが無いので、気に入った説を記載するようにしています☆

 頑張っている割には拙い文章で恥ずかしいのですが、僕の小さな努力を判ってくれて、ありがとう (^^)

かるがもさん

御垣内参拝のお写真
素敵な構図ですね
とても美しいです
先に見える 扉の模様が綺麗です
金色の中にある 模様
それは何を現しているのか ご存知でしたら
教えて下さいね

りらさんへ

りらさん こんばんは!
いつも訪問とコメントをありがとうございます☆

> 御垣内参拝のお写真
> 素敵な構図ですね
> とても美しいです

 御垣内参拝は本殿に近づけて参拝できるので、貴重な体験でした☆
 玉砂利を踏む音や空気が何とも言えないような緊張感を高めます 
 後ろの拝殿には多くの参拝客がいるのに、ここは静かで神聖な空気が漂っていました。
  
 *御垣内は撮影禁止なので御垣内参拝後に拝殿から撮影しました。
 

> 先に見える 扉の模様が綺麗です
> 金色の中にある 模様
> それは何を現しているのか ご存知でしたら
> 教えて下さいね

 色々調べたのですが、ネット検索しても全く出てきませんでした…
 扉の向こうは神域なので、門や扉について神宮も詳しい事は掲載しないみたいです
 
 御垣内の神聖な風がりらさんに届きましたか?
 コメントを誠にありがとうございました☆

かるがもさん

五枚目のお写真
織田家 徳川家 両家によって 修造造営行われてきたのですね
徳川綱吉は私の以前撮影アップした根津神社も現在の地へ造営しています
武士の神社への信仰心の高さを感じます
何かに手を合わせる 人間古来からのものなのでしょうね

りらさんへ

りらさん こんばんは!
朝早い時間からコメントを下さり、ありがとうございます!

> 徳川綱吉は私の以前撮影アップした根津神社も現在の地へ造営しています
> 武士の神社への信仰心の高さを感じます

 多くの武将は日本武尊と草薙の剣の強さを味方に付けたいと思っていたのでしょう!
 りらさんが撮影した根津神社も日本武尊が創祀したと伝えられる古社でしたね☆


> 何かに手を合わせる 人間古来からのものなのでしょうね

 古代から人智を超える神格化されたものに対して、祈ります。
 自然や天体、神々、聖者の大いなる力に感謝や畏怖や畏敬していました。
 宗教や個人の思想によりけりですが、人間の普遍的な行動だと思います。

 コメントを誠にありがとうございました☆
最新記事
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブックマーク
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。