御神体山 登拝

いつも訪問をありがとうございます

仕事がず~っと忙しくて、中々更新が出来ませんでした
心配してくれて、コメントを下さった方々、ありがとうございました

依然、仕事は忙しくて、忙しくて目が回りそうな感じです (◎o◎)
そして、11/3から1週間程、部長とイタリアに出張する事になりました…
早く、仕事が落ち着いてゆっくりしたいものです (T_T)

それでは、それでは、大神神社の記事に戻ります

大神神社の参拝のあとは、「くすり道」を通り摂社の参拝に向かいました。
IMG_0971 (1024x665)

この「くすり道」は、この先にある狭井神社が病気を鎮める神様なので、
道の両脇には製薬会社の協力で薬草や薬木が植えられているのです☆
天候が良くなかったので、道が薄暗くて、少し怖く思えました…
IMG_0974 (1024x683)

この階段の上に狭井神社が見えて来ました☆
御祭神は大神荒魂神(おおみわのあらみたまのかみ)で 、
古くより、華鎮社(はなしづめのやしろ)と称され、病気を鎮める神としての信仰されています
桜の花びらが舞い散る頃、花びらとともに疫病が流行ると信じられ、花を鎮めようとした。
これが、鎮花祭、「はなしずめのまつり」で、「薬まつり」とも呼ばれてます。
IMG_0984 (1024x681)

拝殿の左後ろには薬井戸があり、ここから湧き出る水は昔から「薬水」と呼ばれています。
薬水を飲めばいろいろな病気が治ると言われていて、神水を汲みにくる参拝者が多いのです。
IMG_0986 (1024x676)

狭井神社の社務所で御神体山の三輪山の入山登拝の受付しました
名前、住所を記入して入山初穂料¥300を払います。 下記の項目を守らないといけないのです
・三輪山参拝証を首に掛けて登ること
・タバコをはじめ、火気は絶対に使用しないこと(火気厳禁)
・カメラ類などを持って入らないこと(撮影禁止)
・草木・キノコ・鳥獣・土石類を持って帰らないこと
・お供え物・ゴミは放置せず、必ず持ち帰ること
・飲食をしないこと(登拝に際しての水分補給を除く)
IMG_0987 (1024x683)

登拝口で御祓いをしてから御神体山に入山しました
約2、3時間で登下山できると聞いていたので、余裕と思っていたら…
急な勾配の所も有って、汗だくになりました 

登拝から戻ってきて、何気に登拝口の写真を確認してみたら
あれ??おかしい?? ちゃんと撮れていた事を確認したのに、その1枚だけが真っ白になっている…
ん~ これ以上、神体山の登拝の事は語らない方がいいと判断しました


近くの大美和の杜の展望台では大和三山の天香久山、畝傍山、耳成山が見えます
古代の人達も、ここから大和三山を眺めていた事でしょう
IMG_0990 (1024x667)

大美和の杜から降りていくと久延彦神社があります
ご祭神の久延毘古命は、大国主神に少彦名命の神名をお教えになられた神様です。
「此の神は足は行かねども、尽に天下の事を知れる神なり。」とあるように、
足のない姿は今日の案山子と同じであったと考えられてます
IMG_0992 (1024x683)

帰りの昼飯は三輪素麺
汗を掻いた後だから、つるつると美味しく喉を通って行きました☆
IMG_1029 (1024x683)


プチ旅行だったので歴史深い奈良県の一部しか見る事で見なかったですが、
今度はゆっくりと奈良を旅したいと思いました☆
スポンサーサイト



最新記事
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブックマーク
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR