アドリア海の女王

いつも訪問をありがとうございます☆
さて、出張先の話の続きになります
2日目のスキオでの打合せを終えて、マルコ・ポーロ国際空港の近くのヴェネチア市街に移動しました。

ヴェネチアは、アドリア海の最深部、ヴェネチア湾にできた潟の上に築かれた、運河が縦横に走る水の都。
中世にはヴェネチア共和国の首都として栄えた都市で、「アドリア海の女王」の別名を持ちます☆
今回の出張で一番楽しみにしていた場所なので、滅茶苦茶ウキウキ気分でした (^^♪
ただ、ヴェネチア本島の中は車での移動が出来ず、「ローマ広場」からスーツケースを持って歩きました…
石畳の道や大きな橋には階段しかなくて、ホテル到着した時には汗でびっしょりでした (ーー;)

軽くシャワーを浴びて、服を着替えたら、さぁ!出発☆
部長達3人で、サンタルチーア駅の前の水上バスヴァポレット乗り場からサンマルコ広場に向かいました
水上バスヴァポレットが出ると直ぐにスカルツィ橋の下で船が渋滞~ 
P1010480 (800x600)

運河の両脇には色鮮やかな建物や教会があって、とっても綺麗です☆
P1010482 (800x600)

少年を乗せた渡し船と古い建物は、絵画の世界に入り込んだようでした (^^♪
P1010483 (800x599)

カナル・グランデ(大運河)に掛かるリアルト橋は「白い巨象」とも呼ばれています。
商業の中心であった地区にあるリアルト橋は、当初、木製の跳ね橋で「富の橋」と呼ばれていました。
崩壊や火災に何度も遭い、16世紀末に現在の石造りに変えられました。
橋の設計案を一般から募集した当時、ミケランジェロも一般公募に参加しましたが、
採用されたのはアントニオ・ダ・ポンテの作品なのです。
P1010493 (800x592)

リアルト橋を抜けると夕焼けで空が赤く染まっていました  綺麗だね~ 
P1010499 (800x599)

古いホテルの前にはゴンドラが並んでいる 何処を見ても芸術品のように思えてくる
P1010502 (800x598)

運河の曲がって行くと、右手に大きなサンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会が見えてきた☆
お、おぉ~ 凄い、凄い~ TVや写真で見た景色が今、目の前に広がっている 
つい興奮して、立ち上がって撮影していたら水上バスの運転手に前が見えないと怒られちゃった(>_<)
P1010509 (800x600)

サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会の「サルーテ」とはイタリア語で「健康」という意味です・
この教会はペストの疫病を治まったとき聖マリアに感謝する目的で、1630年に建設されました。
P1010516 (800x599)

南の方にに小さなサンジョルジョ・マジョーレ島が見えます。
島のほとんどがサンジョルジョ・マジョーレ教会となっています。
夕暮れで写真が粗くなって、ブレているのが、本当に残念 (>_<)
P1010520 (800x596)

左手にサン・マルコ広場の鐘楼が見えてきた。目的地のサン・マルコ広場まであともう少しです。
P1010521 (800x600)

振り返ると夕焼けとサンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会のシルエットが美しい…
何て美しい光景なんだろう! 心から感動してしまいました☆
本当にロマンチック☆ これは絶対に絶対に盛り上がります \(^o^)/
P1010524 (800x597)

でもね…



ちょっとね…



僕の横が…



部長だったのが残念でした… (>_<)



スポンサーサイト



最新記事
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブックマーク
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR