東国三社詣り 香取神宮

ご無沙汰しています

更新していない間にも訪問してくださった方々 コメントや拍手を下さった方々
皆さんの思いやり溢れる応援の言葉に感激いたしました 誠にありがとうございます

年末までに納めないといけない仕事も抱えているので、息の付く間も有りません…
月曜から新潟に出張に出ていて、12月の中旬にも海外出張が決まりました。
そんな状態ですが、ゆっくりでも、少しづつでも更新していこうと思っています。
どうか、ご理解を宜しくお願い致します


それでは東国三社詣りの最後の記事は千葉県香取市に鎮座されている香取神宮になります。
古くから国家鎮護の神として皇室からの御崇敬が最も篤く。
当時神郡(神領)を持ったのは伊勢神宮・鹿島神宮・香取神宮の三社のみだったそうです。

鹿島神宮と同じく徳川幕府から造営された楼門は丹塗りで色鮮やかでした~
IMG_9890 (800x533)

楼門の裏には木製の狛犬がいました☆ これが重要文化財の古瀬戸黄釉狛犬と思っていたのですが…
帰って調べたら古瀬戸黄釉狛犬は宝物館内に飾られてあり、見ていなかったのです (>_<)
IMG_9891 (800x533)

そして、楼門の向こうには大木に囲まれた立派な社殿が見れるはずだったのですが…(もらい画像です)
0029 (800x600)

あれ?社殿はどこ、どこ??
え~ 嘘~ (T_T)

写真左の社殿は改修工事で大きな覆いに囲まれて、全然、見えない… 凄く楽しみだったのに (+_+)
ちなみに10/25に覆い屋根は撤去されたそうです 残念!
IMG_9913 (800x533)

参拝をして、境内を歩くと大きな錨が置いてありました
これは海上自衛艦の練習艦「かとり」の錨です
IMG_9897 (800x533)

更に奥に行くと大きな三本の杉が有ります
IMG_9902 (800x533)

後冷泉天皇時代に源頼義公が参拝し、
「天下泰平社頭繁栄子孫長久. 三つの願い成就せば此の杉自ら三岐に別れん」と祈願したところ、
一株の杉が三岐に別れた以来これを三本杉と云うと書かれていました。
真ん中の杉は折れていて、空洞になっていますが、人がはいれるほど大きかったです
IMG_9903 (800x533)

次の場所を見るために参道を戻っていきました。
参道の両脇に桜や楓などが植えられていて、美しい四季の表情を見れると思います
IMG_9921 (800x533)

次の場所は香取神宮の要石です。
伝説には鹿島神宮の要石は地震を起こす大鯰の頭、香取神宮の要石は尾を押さえているという。
あるいは、2つの要石は地中で繋がっているといわれています。
IMG_9928 (800x533)

香取神宮の要石は地上部が丸くなっていて、掘り起こせないほど大きいそうです
ん~ん~ 僕には普通の石にしか見えない (ーー;)
IMG_9930 (800x533)

更に奥に行くと鬱蒼とした木々の中に香取神宮の奥宮があります。
なんか、すごく雰囲気が出ていますよね~
IMG_9935 (800x528)

参拝者は誰も居なくて、少し怖さを感じるものがあります
奥宮社殿で参拝をして、しばらくすると、僕の耳に高い音が聞こえてきた!
IMG_9936 (800x533)

こ、この音は…






やぶ蚊がいる~ (>_<)


急いで、参拝を終えて戻り事にしました
やっぱり、この日はついてない日でした…

でも、落ち着いたら、改めて参拝に来たいと思いました (^^♪ 
スポンサーサイト



最新記事
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブックマーク
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR