ひとり旅 大斎原と大日越

いつも訪問ありがとうございます☆
昨夜、新潟出張から無事に帰ってきました。
やっぱり寒くて、寒くて、身体中にホッカイロを張り付けていました (ーー;)
出張ついでに足を延ばしてプチ旅行に行ってきたので、後日に紹介したいと思います。

さてさて、熊野ひとり旅に戻ります☆
熊野本宮大社から1㌔弱の所に大斎原が有ります。
ここは明治時代の大水害に遭うまで、熊野本宮大社が在った場所です。大斎原は3つの川に挟まれた中州にあり、昔は橋も掛けてなかったので、歩いて川を渡り、身も心も清めてから参拝していました。
近年に建てられた大鳥居は高さ33.2㍍、幅42㍍で日本一の大きさだそうです。
田園の中にドーンと構えていて、本当に迫力ある姿です。 オオーw(*゚o゚*)w
IMG_6781 (800x533)

大鳥居には八咫烏が飾られています。
なんか、仮面ライダーに出てくるショッカーのシンボルに似ていると思ったのは僕だけ??
この大鳥居を抜けると神域になり、ここから、また撮影禁止になります (+_+)
中は森に囲まれた広場の様になっていて、2つの石祀があるのみですが、静かで心地いいです。
IMG_6783 (800x533)

大斎原を抜けると新宮川に出れます。
そこには自然の悠久の流れを感じさせてくれるものがありました。
川の畔に一人の女性が佇んでいました。僕と同じ事を感じているのでしょうか?
IMG_6786 (800x531)

僕が川に向かって歩きだしたら、女性は逃げ出す様に何処かに消えてしまいました
あの~ ナンパ目的じゃないんですけど… (ーー;)

大斎原を出て、店で休憩を取ろうとした時にレジに水害に遭った写真があり、店員に聞いてみたら、
この辺も昨年の台風12号の河川の氾濫に遭い、大斎原も付近の店も冠水したと話してくれました。
そして、ここより下流では被害は甚大で死者も出たそうです…
そんな事も思わせないくらいに復旧が進んでいましたが、並みならぬ苦労が有ったと思われます。
早く復興して、観光客に来てもらいたかったと店員が話してくれたのがとても印象的でした。


大日越に向かう通り沿いには、大斎原の小さい鳥居の横のイチョウの木は綺麗に色付いてました。
甚大な水害に遭ったにもかかわらず、こんなに綺麗な景色に戻っている事に感服してしまいます。
熊野の観光案内に載っていた「癒しと蘇りの地」 何故そう呼ぶのか 分かる気がしました。
IMG_6807 (800x533)

さて、熊野古道の大日越を歩いて、宿泊する湯の峰温泉に向かいます。
案内には高低差300㍍できつい登りがあるそうですが、1時間強で到着出来ると書いてありました。
民家の横の階段を上って行くと、古道らしい登りの階段が続いています。
IMG_6815 (800x533)

下ってきた観光客とすれ違う時に「この時間から登るのか?」と聞かれて、はい!頑張りま~すと答えた。
この時はまだ聞いて来た意味が良く判っていなかった…

登っても、登っても続く登りの階段… (´○`; ポカーン 途中には岩場になっている所もあって、もう大変!
息は切れるし、汗は滝の様に流れるし、もう戻れないし… ちょっと後悔 (TmT)ウゥゥ…
IMG_6819 (800x533)

この後は、もう写真を撮る余裕などなくひたすら上を目指しました ハァ、ハァ…
どれくらい歩いたのだろう…少し下り坂になってきた。
あっ鼻欠け地蔵があった!案内にはここからは下りになると書いてある \(^o^)/
ゆっくりと写真撮りたかったけど、段々と陽が傾いてきてるから足早に通り過ぎました。
IMG_6828 (800x533)

しばらく歩いていたら、だいぶ陽が傾いて、辺りが暗くなってきた。
陽が落ちたら、危険な状況に陥るかも… 遭難して新聞に載っちゃうかも…
IMG_6833 (800x533)

少しづつ暗くなってきた 急いで慌てて怪我してもいけないので、一歩一歩をしっかり歩いてと!
そう思いながらも出川哲郎じゃないけど「ヤバイよヤバイよ」と何回も呟いてしまう…
IMG_6837 (800x533)

しばらくしたら、やっと湯峰王子が見えてきた~ あと、もう少しで目的地! 
もう参拝する気力も撮影する気力もないので、お辞儀だけして通り抜けました。

やっとの思いで、湯の峰温泉の側道にでました \(^o^)/
はぁ~良かった良かった 温泉の湯気と硫黄の香りが漂ってきます。
IMG_6848 (800x533)

民宿に辿り着いて、店主と話をしたら大日越と赤城越はきついと話してました…
もう少し時間配分を考えないといけないですね~ 甘く考えていました
発心門王子から約10㌔の道のりを楽しく歩けました 大日越を除いて… (ーー;)

次は熊野ひとり旅の最後の記事 湯の峰温泉と熊野速玉大社になります。
また見に来てくださいね♪
スポンサーサイト



最新記事
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブックマーク
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR