アックア・アルタ

いつも訪問をありがとうございます☆

イタリア出張の最後の記事になります
少し長くなりますが、お付き合いよろしくお願いします

帰国する日は14時のフライトだったので、朝からサンマルコ広場に散策しました
水上バスに乗らずに、テクテク歩いて街の雰囲気を楽しんでました
P1010200 (1024x768)


あいにくの天候だけど、街を歩いていると気分が良くなります
P1010279 (1024x761)


窓には、黒猫がくつろいでいました なんか、猫も洒落ているね (^^)
魔女の宅急便の黒猫ジジを思い出して、ユーミンの「優しさに包まれたなら」をハミングしてました
P1010225 (1024x727)


ちょっとした風景もお洒落に感じる街です☆
P1010243 (1024x750)


ヴェネチアでは船が生活の移動手段で、右の船はごみの取集船です 
P1010227 (1024x765)


教会は朝方に行くと、雰囲気が違うと教えてもらったので、みんなで中に入る事にした
ヒンヤリした厳粛な空気の中で、窓から入る日の明りが神々しいと思いました
P1010261 (1024x767)


日本の神社でも早朝参拝が好きだけど、早朝の教会も素晴らしいものがあります
P1010268 (1024x754)


教会を出ると雨が少し強くなってきた 嫌だなぁ~
それでも道の凹みにできた水たまりは、子供たちには遊びの場所
元気にピョンピョンと跳ねていました アハハッ 可愛い~
P1010275 (1024x755)


人混みが多くなったと思ったら道が浸水していて、ギャンクウェイと呼ばれる橋を置いてありました
橋は狭くて、歩くにも困難… 浸水もこの一部だけだと思っていたのですが
P1010282 (1024x768)


サン・マルコ広場が完全に水没していました…
アックア・アルタと呼ばれる異常潮位現象が起きていたのです
P1010299 (1024x762)


サン・マルコ寺院の入り口も潮が目の前まで来ていてます…
P1010288 (1024x767)


サン・マルコ小広場は海との境目が判らない状態になっていました
美しい観光地がこの様な姿になると、虚しさを感じてしまいます
P1010290 (1024x767)


商売も出来ないだろうと思っていましたが、高潮用ビニール製ブーツが10ユーロ(約1400円)で販売していた
高いけど、歩き回るのには必要だもんね~ ヴェネチアの人々の商売根性にも驚きを感じました
P1010316 (1024x768)


ゴンドラも高潮で橋を渡るのに一苦労 ゴンドラ船が大渋滞していました
P1010318 (1024x768)


昨日来たリアルト橋も運河からの水で浸水していました
こんな悲惨な状況でも多くの観光客で溢れていました
P1010326 (1024x748)


アックア・アルタがヴェネチアの街を水没させる原因となっているは、
地下水くみ上げの地盤沈下と地球温暖化による海面上昇だそうです。
このままでは、100年後には完全にヴェネチアの街は完全に水没すると言われています

現在、モーゼプロジェクトという防潮堤の設置を行っていますが、
美しい水の都に戻るか、このまま水没する都になるのか

僕の目の前にある水没した水の都のヴェネチアは
利益ばかりを追いかけた人類へのメッセージに思えました




スポンサーサイト



再びヴェネチア

新年明けまして おめでとうございます m( _ _ )m
昨年は大変お世話になりました 今年もよろしくお願いいたします
年末の僕は何処にも行かず、家の大掃除で頑張っていましたょ…

さて、イタリア出張の記事になります
最終打合せを終えて、ヴェネチアの内陸にあるミストレに移動しました
ヴェネチア本島のホテルだと、コストも割高で、移動にも不便ですが、
ミストレ駅周辺は安くて良いホテルが有るそうです。

ホテルにチェックインした後は、ベネチア・ミストレ駅から電車に乗りました
P1010029 (1024x768)

これはイタリアの高速列車Frecciargento(フレッチャルジェント)と言うそうです
IMG_20141108_220850 (1024x750)

僕達が乗る列車は… なんかボロくない? (>_<)
IMG_20141108_220902 (1024x768)

列車に乗ると、割と綺麗なシートでした☆
P1010027 (1024x768)

サンタルチア駅で降りて、水上バス(ヴァポレット)に乗り、サン・マルコ広場に移動しました
以前の記事と被るのが嫌なので前回、撮影しなかった場所を掲載したいと思います 

ここは有名なため息橋です。
言い伝えによれば、恋人同士がこの橋の下で
日没時にゴンドラに乗ってキスをすると永遠の愛が約束されるそうですが、
P1010070 (1024x766)

このため息橋はドゥカーレ宮殿(写真左手)の尋問室と古い牢獄(写真右手)を結んでいて、
独房に入れられる前に橋の窓の外からヴェネツィアの美しい景色を見られるのは最後であるというので
囚人がため息をつくというところから、ため息橋の名前が付きました


サン・マルコ広場には仮装したカップルがいました (^^) オペラ座の怪人を真似ているのかな?
それにしても生憎の雨模様で折角の白いドレスの裾が汚れちゃっている…
まぁ、それもカップル達さんには、思い出深く残るんでしょうね~ 
P1010082 (1024x764)

今回は時間があったので、サン・マルコ寺院の中に入る事が出来ました
寺院の2階から見たサン・マルコ広場です 
屋根の無い宮殿と言われるだけあって、堂々とした美しい広場です
P1010100 (1024x766)

海側を眺めるとサンマルコ小広場が見えます、
左側の柱の上にはヴェネツィアの守護神である聖マルコのシンボルである有翼の獅子像
右側の柱の上には聖テオドーロ像が飾られています
左右の柱の間は昔公開処刑場だったそうで、縁起をかつぐ地元の人はこの円柱の間は通らないそうです。
P1010105 (1024x767)

サン・マルコ寺院の中です フラッシュは禁止なので、写真がブレブレ…
1階の奥の祭壇の後ろにパラ・ドーロが飾られてます
ビザンティン美術の作品の一つとして世界的に認められているそうです
P1010110 (1024x768)

パラ・ドーロの撮影は出来ませんでした もう金や宝石でピカピカでした

夕食取る場所を探しながらブラブラ 男4人だと何も話すことなく、ただ歩いていました…
ここはリアルト橋から眺めたカナルグランデ(運河)です
この辺は運河沿いにレストランがあって、賑やかな雰囲気です
P1010153 (1024x757)

橋の下から見たリアルト橋は白い巨象と言われるだけあって、暗闇に白く映される姿は迫力ありました
P1010163 (1024x768)

運河沿いのレストランは上にある赤い照明があったのですが、電気ストーブでした
割とポカポカ暖かくて、雰囲気がありますね~ でも、何故かここでは夕食を取りませんでした…
P1010168 (1024x762)

この後も男4人は話すこともなく、ただひたすら歩いてました。
30分後に、やっと話した言葉が「腹減った 近くでメシにしょう」でした… (>_<)

次はイタリア最後の記事になります

Bassano del Grappa

お久しぶりになります 更新していない間にも訪問してくださり、ありがとうございます
仕事が忙しすぎて、更新する気力、体力がありませんでした…

なんとか一仕事を終えて、島根に旅に行ってきたのですが、
その前に11月に出張したイタリアを記事にしたいと思います☆

この日は取引先の営業担当と一緒にタイトルのバッサーノ デル グラッパと言う街にきました
蒸留酒グラッパやホワイトアスパラガスの生産地で、ベネト州ヴィチェンツァにあります

木造の屋根付きの古い橋は名所で、下に流れるブレンタ川の両脇には古い街並みが立ち並んでいます
夏は若者たちがグラッパを飲みながら、川の涼風を浴びているそうです
この日は天候が悪く、橋を渡る時は風が強くて吹き飛ばされそうでした…
IMG_20141107_062608 (1024x756)

細い路地と、ほのかな灯りに照らされた街並みは情緒ありますね!
歩いているだけで、うっとりしちゃいます☆
IMG_20141107_044454 (1024x766)

予約してあるレストランは、古い看板でしたが、この年代からあったのでしょうか (・・?
IMG_20141107_045047 (1024x729)

雰囲気がとってもいいんだけど、僕は食事の時、いつもガッツリ食べるので、
こういう雰囲気が苦手で、常に緊張してしまいます… (>_<)
IMG_20141107_045140 (1024x622)

頼んだ食事はアカザエビとサーモン☆
イタリアのレストランは8時頃から開くので、お腹がペコペコ 美味しく頂きました☆
IMG_20141107_051036 (1024x755)

食後に出てきたグラッパ…
ブドウの搾りかすで発酵させたアルコールを蒸留して作り、アルコール度数は50度位です (>_<)
EUの法律でグラッパと呼べるのはイタリアで造られたものだけだそうです
IMG_20141107_060240 (1024x767)

嫌な予感がするけど、クィっと飲んでみたら…
やっぱり喉はヒリヒリしました (T_T)


次に続きます…
最新記事
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブックマーク
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR