中国の思い出5

いつも訪問をありがとうございます☆
もう仕事が忙しくて、また明日から1週間、上海に出張行ってきます…


さて、さて、今まで4回行った中国・広州の最後の記事になります。

滞在中に僕は誕生日を迎え、中国の従業員達にお誕生会をしてもらいました。
食事はこんな感じで円卓に料理が並びましたが、この後も料理が出てくる、出てくる…
テーブルに置けないくらい料理が出てきました…
IMG_0045 (800x491)

湖南省出身のみんな、これが大好き!
すごく美味しいよと言われて、手に取りましたが…
IMG_0035 (800x600)

…何?何の足?手?
ちょっとグロテスクで、あまり食べる事が出来ませんでした…
IMG_0036 (800x600)

そして茹でた鶏肉はお頭付き… (ーー;)
なんか、にわとりさんの眼がカッと開きそうに思えて、僕の方には向けない様にしました。
IMG_0044 (800x600)

僕に懐いていた従業員の税くんが干杯を3回しましょうと言ってきた。
この3回の千杯は意味があるらしくて、
1回目お誕生日おめでとう! 2回目健康である事を祈って! 3回目将来、幸福である事を祈って!
そして、初めて日本人の誕生会に出席できて、本当に嬉しいと言ってくれた。
そんな税くんの笑顔を見ていたら、心から嬉しくなりました。

ワイワイ、ガヤガヤ、楽しく盛り上がっていたら、今度はケーキが出てきました。
かなり酔っぱらっていたせいかな? 感激して…ちょっと涙腺がヤバかった (ノ△・。)
IMG_0130 (800x525)

本当に、本当にみんなありがとう。
楽しくて、嬉しかったこの日を絶対に忘れないよ!
IMG_01281 (640x471)


以前、記事に書いた中国出張を断らなかった理由です。

5月に会社は中国・広州の駐在員を検討していました。
僕も候補に挙がっていたと噂がありましたが、結局、同僚が選ばれた。
その同僚の駐在の準備が整うまで、僕に出張で補えと指示されて、渋々、承諾しました。
今後を考えた時に僕は日本で土台を作りたかったので、駐在員に選ばれなかった事に、内心ホッとしました。


そして、7月の出張を終える時に、中国のみんなに別れの挨拶と駐在員の報告をした。

これから日本の駐在員が来るから、僕は当分、広州の会社に来る事は当分は無いです。
僕はみんなと仲良くなれたから、みんなの事を友達だと思っています。
友達だったら、きっと、いつか逢える日が来るはず。その日までみんな元気で頑張って下さい。

僕が言い終えると、下を向いて涙ぐむ人もいて、僕は悲しい気持ちになった。
一緒に働いて、遊んだ分だけ、僕も情が移っていたけど、日本に帰らなきゃ…


最初は困惑した中国での生活も、中国のみんなのお蔭で有意義に過ごすことが出来ました。
この経験は僕に大きな影響を与え、自信をもたらしてくれると思っています。

中国・広州の思い出のおしまい!


スポンサーサイト



中国の思い出4

いつも訪問ありがとうございます☆

この日は広州市番禺区にある宝墨園に連れてきてもらいました。
ここは国家4Aの庭園で広州の4台名園だそうです。
とても立派な石門が青空に映えて、爽快な気分になってきます。
でも、とてつもなく暑いです…
IMG_0432 (640x480)

庭園内はとても広くて沢山、小川や池があり、池の上にはレストランがあります。
広州の夏はとても暑くて、歩くと汗が滝の様に流れていきます…
IMG_0436 (640x480)

夏の日差しを避けて、廻廊を歩くと中国の雰囲気が味わえました。
IMG_0442 (640x480)

暑さに耐えきれず、展示館に入ると昔の蝋人形が展示されてました。
この蝋人形は北宋時代の名判官の包公です。
中国の大岡越前みたいな感じで、根強い人気があるそうです。
IMG_0450 (640x480)

なにやら揉め事の模様です。女性の敵意むき出しの表情が怖い… 
包拯は権力に屈することなく、罪人は皇族、大臣といえども裁きを下すいう話が多いのですが、
汚職や増税を行う官僚への不満が多かった時代背景が大きかったのではと思います。
IMG_0452 (2) (640x482)

派手な衣装が当時の華やかな貴族生活を物語っています。
人形は見事な出来栄えで、今にも動き出しそうな感じです。
IMG_0453 (640x480)

展示館を出て、しばらく歩くと大きくて見事なリレーフが有りました。
IMG_0457 (640x480)

この鳳凰は今にも飛び立ちそうな感じで素晴らしかった。
IMG_0456 (640x480)



こんなに素晴らしい文化や歴史、美術、芸術があるのにも関わらず、
街に出回っている商品は大雑把な造りや、適当なコピーが出回っているのでしょう?
なんか、すごくもったいないですね~

外国に居ると、今まで見えなかった日本の文化の素晴らしさを再認識でき、大切にしたくなります。
もっと、もっと日本の見直しが必要なのではと思いました。

中国の思い出3

いつも訪問ありがとうございます☆

2回目の中国支援に行った時には西樵山観光に連れてきてもらいました。
西樵山は数億年前の火山活動により流れ出した溶岩が固まってできた山です。
そして、この山頂に高さ61.9メートルの観音坐像が有るのです (^^♪

標高290㍍の山頂は霧で煙っていたのですが、すごく大きい観音様です おぉ!!w(゚o゚*)w
さて、さて観音様の所まで283段の階段を上って、行ってきます~
IMG_0292 (800x599)

観音様の中は、1000体以上の観音様が奉納されていました。
観音様は、あらゆる人を救い、人々のあらゆる願いを叶えると言われてるので、民衆に人気が有ります。
IMG_0320 (800x600)

ここの観音様はひとつひとつが違う表情や仕草をしていました。
とても優しく穏やかな表情をしていて、見ていると心落ち着く様な気がしました。
IMG_0326 (800x600)

外に出ると、霧が晴れて、観音様の姿がハッキリ見えました。
空が明るくなってくると、観音様が神々しく見えて、素晴らしかった…
IMG_0331 (800x591)

西樵山を下って行くと、600年の歴史が有る宝峰寺がありました。
つり下がった提灯は、やっぱり…赤ですね~(ーー;)
IMG_0348 (800x599)

立派な仏殿に「三宝仏」と呼ばれる釈迦仏、薬師仏、阿弥陀仏の像がありました。
2007年に開眼式をしたばかりの新しい仏像なので、とても綺麗です。
IMG_0345 (800x594)

この釈迦像は凛とした表情で、何とも言えない雰囲気がありました。
IMG_0344 (800x595)


中国で日本と同じ宗教を見ていると、歴史を知らない僕でも、遠い昔から関係が有った事が判ります。
それなのに両国の問題が多く、テレビ報道で流されています。
心配になって、中国の会社に電話したのですが特に問題は無く、いつもと変わらないそうです。

僕には問題の真実は判りませんが、誤解まねく報道は止めてもらいたいと思っています。

中国の思い出2

いつも訪問をありがとうございます。

大旗頭村という昔の村に連れてきてもらいました。
ここは清朝時代の広東海軍提督の鄭紹忠が建て、現在は広東省の文化保護に指定されています。
165 (640x479)

昔は、この長屋みたいな家に大勢の村人が住んでいました。
石畳の路地を歩いていると昔の中国の生活が目に浮かんでくるようです。
170 (800x599)

2階に上がると珍しい屋根が連なっていて本当に圧巻でした。
写真 281 (800x533)

道の脇に落ちていた中国のお祭りや祝い事に使う爆竹を拾いました。
日本の物と比べるとでかくて、試してみたら音も威力も半端じゃなかったです(汗)
171 (800x600)

鄭氏宗祠という中は大きくて、お金持ちが住んでいた?と思われます。
今では近くの村の人々が会合に使ったりする事もあるとか???
190 (800x600)

この家のなかには沢山の獅子舞の置いてありました。
大きな銅鑼と爆竹の音、陽気な歓声、派手なお祭りだったのでしょうね~
187 (640x480)

近くに住んでいる村人が飼っている水牛もいて、ゆったりとした時間が過ぎていった。
196 (800x600)



この日は仲の良い中国の方達に観光に連れてきてもらいましたが、食事は我々日本人が払うと言ったら、彼等は誘った方が支払いをすると言って、僕達に払わせてくれません。

次の日に彼等にありがとうと言ったら、友達なら当たり前、何回もありがとうを言うなと怒られました??? 

後になって判ったのですが、
普段は質素な食事をしても、ひとたび誰かをもてなすとなれば、中国人はできるかぎりのもてなしをする。
それは中国人の情の厚さ、中国人の面子だそうです。

中国に来て、今まで僕が思っていた中国のイメージが少しづつ変わってきていた。




中国の思い出1

いつも訪問ありがとうございます。
出張の疲れと休出の疲れがでて、ヘロヘロのシォシォプーでした。(ーー;)
まだ当分厳しい残暑が続きそうですので、皆さんもどうか夏負けなどなさいませんように。

今回は以前、削除した中国の記事の写真を再び載せる事にしました。
滞在していたホテルの窓から見える朝日。
中心地から離れた場所にあるので、ゆったりした時を感じさせてくれました。
197 (2) (640x480)

中国で初めての観光!
通訳の張さん達と一緒に行った、三水区森林公園にある大仏。
長さ108m、高さ18mの世界最大の仏像の大きさに驚き、感動をしました。
判りずらいけど、橋の所で歩いている人を見れば大仏の大きさが判ると思います。
126 (640x480)

この花火みたいに大きな線香にもびっくりした!
大きい物にはお経が書いてあって、値段も高いのです…
127 (800x600)

拝観所の天井には蚊取り線香みたいなお線香が飾ってあって、
真ん中には願い事が書かれた紙がぶら下がっていました。
下を通ると、このお線香の灰が頭に落ちて来るのです…
134 (640x480)

ここは800年以上の歴史のある芦苞祖廟。
仏教、道教、儒教の三大宗教が祀られています。
158 (640x480)

屋根の上には龍の陶芸品が美しく、とても印象に残りました。
159 (640x471)

たぶん菩提樹…かな?
お守り?おみくじ?を木の枝に投げて掛かると願いが叶うらしいです。
149 (800x600)

この日はとても暑い日だったけど、この花を見ていたら、涼しさを感じられました。
写真 243 (800x533)


最新記事
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブックマーク
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR